東京朝高28期 만세!

満開だった桜もそろそろ見頃を終え始めたかのように思える、今日この頃です。
東京朝高28期の皆様も、平成最後の桜を目に焼き付けられたのではないでしょうか。東京朝高28期のブログを拝見させていただき、万感の思いがこみ上げています。 

私は28期の卒業生ではなく、남편が28期の卒業生となります。先輩の皆様が還暦を迎えられ、心の底からお祝い申し上げたい気持ちでいっぱいです。 

남편は高校時代サッカー部でした。サッカー部の写真集にも、1977年の国立西が丘球技場での試合が掲載されていましたが、남편はこの時の優勝をいつも嬉しそうに、そして誇らしげに話していたのを思い出します。きっと一生の宝物だったのだと思います。 今となっては56歳のまま、「若いだろ~」と言わんばかりに、すました顔で写真に納まってしまってはいますが…。

남편にはこの優勝以外にも大切な宝物がありました。それは、28期の同級生の友達です!竹馬の友とはよく言ったもので、顔を合わせるといつも冗談を言ってはお互い文句を言い合いながらも、それでも最後は笑い合っていた姿が、今でも目に焼き付いています。

 闘病生活で辛い時期には、忙しい合間を縫ってお見舞いに来て下さり、自宅療養中にも折を見ては励ましに来て下さり、時には남편の手となり足となり、様々な場所へ連れ出しては남편の心を癒してくれたのも同級生の方々でした。こうして記事を書きながらもその時が思い出され、胸が熱くなってしまいます。僭越ながら、この場をお借りするようで失礼かとは思いますが、生前お世話になった同級生の方々に、心よりお礼を申し上げたいと思います。どれだけ남편の心の支えになっただろうかと思うと、感謝の言葉が見つかりません。 

その宝物の同級生の方々が還暦を迎えられる事となり、言葉では言い表せない、嬉しさとも喜びともいった様々な感情がこみ上げております。11月9日の還暦記念同窓会が、同窓会の目的の如く、人生も同窓生として元気と活力に満ち共に歩む契機となる事を心より願ってやみません。きっと남편も同じ気持ちでいると思います。

「東京朝高28期 만세!」…と남편が申しております…。

4 COMMENTS

匿名で

心あたたまる投稿をしみじみと読ませていただきました。彼とお別れしたのがまるで昨日のように思えてなりません。「お前らだけ同窓会楽しむなんてずるいなぁ。」と呟いてる彼の顔が思い浮かびます。色々と大変な事もあろうと思いますがこれからも頑張って下さい。同窓会では彼の事、たくさん語ろうと思います。

今は京都市民

サッカーの事を話す時の彼の輝く目が懐かしいです。大学卒業後は残念ながら会う事はなかったけど、あのユニフォームを見る度に思い出します。彼ほど「도꾜조고」のユニフォームが似合う奴はいなかった。御冥福を…

匿名

今日で10月も終り。11月9日の同窓会までわずか10日あまり。
ブログを通じて、久しぶりに〇〇ギの写真を何枚も、懐かしく見ました。
「想い出写真集」にアップされてた、ちょっと背伸びをしていた2年〇班の打ち上げの1枚、この1枚の写真に「大笑い」しているクラスメイトが約30人、本当に楽しかったな。
この〇班は、皆が仲がいいクラスで、最高の仲間だったと思うよ。
「私も写真送ります」に写っている〇〇、いい笑顔だな。
「部屋に飾ってある2枚のパネル」、西が丘競技場での対東京選抜との一戦。「・・・誇らしげに話していた思い出。一生の宝物」その気持ちわかるよ。私はサッカー部ではなかったけど、3年間同じグランドで汗を流した「운동소조생」として自分自身も誇らしかったよ。東京選抜とあるけど、大半が帝京生だったと記憶します。自分の中では「東京朝高対帝京」として観戦してたよ。相手チームにも、体が大きくヘディングが強かった金子選手、センス抜群の早稲田(?)選手等、上手な選手は沢山いたけど、〇〇ギ、貴方方は、その2枚も3枚も上を行ってたよ。
つい数日前にこの写真を息子(現役朝高2年、サッカー部)に見せながら、当時の話を話してあげたよ。息子は「ウソ、本当に、スゲェジャン」とぶったまげてたよ。
朝大1年の時、吉祥寺のディスコに東京出身の1年生男子大勢で遊びに行き酒を飲みすぎたな。その日は〇〇ギと私の2人で別の同級生の家に泊めてもらって世話になったな。懐かしい思い出だね。
十数年前だったか、小平の「国平寺」で久しぶりに、偶然会った時、私自身とっても懐かしかったけど、それ以上に私を見て懐かしがってくれた〇〇ギ、綺麗な奥さんを紹介してくれたね。本当にうれしかった。ありがとう。
11月9日に〇〇がいないのは残念だけど、〇〇の分まで「還暦同窓会」楽しんできます。
夢に出てきてくれたら、楽しく話でもしましょう。
それでは・・・

○○이の마누라

匿名さん、○○이の写真を見ては懐かしく思い出していただき、また、昔の楽しい思い出をお聞かせいただきありがとうございます。
本当に嬉しく思います。
きっと○○이は、28期の仲間の一人として、自分を懐かしく思い出してくれた匿名さんに対し、私以上に喜んでいると思います。28期の一人でいられた남편は、本当に幸せ者だったと思います。人生の道のりの節目々の、楽しい時、嬉しい時、辛い時、悲しい時、その全ての時々に、必ずといっていいほど傍らには28期の同級生の方々がいらっしゃいました。苦境に立たされた時にも、すかさず救いの手を差し伸べて下さったのもやはり28期の同級生の方々でした。生前남편には「마누라には恵まれなかったけど、本当に友達には恵まれたね」と冗談混じりに良く言ったものです。28期のブログが開設されてからは、全ての記事、コメントに目を通し、남편の遺影に向かっては「一緒にちゃんと読みなさいよ!」と喝を入れてます(•‿•)
還暦祝いの同窓会まで後わずかですね。いろんな思いが溢れてしまい心はおしゃべりなのですが、思いを表現するのに文字が追いつきません•́ ‿ ,•̀
一つ言える事は、同窓会当日は間違いなく天国から同窓会を見ては、目を細めて喜んでいると思います。匿名さん、どうぞ○○이の分まで存分に同窓会を楽しんで下さい。胸に沁みる入るコメントいただき、感謝致します。

現在コメントは受け付けておりません。