ブラバンの話 ①

私が3年間、青春の丈を費やしたのは皆から「タコ部屋」と揶揄された吹奏楽部でした。当時の東京朝高は各クラブが強く、クラブ毎に特色があると思いますが、客観的に見てもブラバンは、他のクラブとは一線を画し独特な雰囲気と異様な慣例が支配?してました。

練習は、朝練(7:30〜)昼練(昼飯時)放課後(4:30〜∞)なのでパンも취주악부 で注文して、昼食も部室で全員で食べます。(女子は別だったかな?) 3年神様、2年平民、1年奴隷…良く聞くフレーズですが徹底してました。

例えば部室に椅子があるんですが、昔の細い板を並べた椅子で、1年は3枚目までお尻を置いて座る、2年は真ん中まで、3年は自由に座り背もたれも使えると言う慣例があり、足を組むなど以ての外でした。

朝練の時、駅でクラブの先輩に会ったら最悪、それが高2であれ高3であれ、男であれ女であれ、見えなくなるまでダッシュ! 中には一緒に走って来る意地悪な先輩もいましたが…^_^

練習後も先輩が帰るまで帰れない。(高2は高3が、高1は高2が) 高3の中でも部長は別格、1年の時はまともに顔も見れません。

指揮台は部長以外は乗ったら駄目。(例え高3でも)楽器もちょっとぶつけるだけで怒られました。同級生は教室で空き缶が落ちる「カン」と言う音の度に「ビクッ」とビビってました。(笑)

高1は入部して直ぐに楽譜を書かされます。2、3日かけて必死に(それこそ徹夜で)書いた楽譜ですが、汚いと言って目の前で破かれます。そこから書き方を教わります。

高1は1日最低3回は部室を掃除します。おかげでガタガタの床でしたが、いつも綺麗でした。

文化会館で大会がある時は走ります。(見た人も多いと思いますが) 先輩が部室から会館に行く迄に、指揮台、ティンパニ(床に置く太鼓、運ぶには2人必要)2つ、太鼓、自分達の楽器と楽譜、譜面台を運び、椅子(人数分を出して並べる)の準備を済ませなければなりません。

運動会の時はそこに椅子の移動が重なります。先輩はゆっくり歩いて来て、全て準備出来た場所にスッと座り悠々と楽器を吹き始める。私等は汗だくになりハアハア言いながら譜面台を出して楽譜を準備する…

それでも先輩は上手かった。何時かはこの先輩以上に上手くなろうと死ぬ程練習しました。

私の青春を捧げた東京朝高취주악부!今でも色褪せる事ない大切な思い出です。

ちょっと硬い話だったので、機会があれば第2弾を書き込みます。

4 COMMENTS

匿名

早朝に登校するとまず聞こえて来るのはリズミカルな소고の音、時計のように正確なトントントンというリズム。そしてリズムと共に聞こえるブラバンのロングトーンの音。運動場では運動部の朝練の音、サッカー部が集団で走るとザクザクザクと響く規則正しいいリズムが心地よかった。民管の笛や弦楽器の音色や学生たちのはしゃぐ声、そんな音を聞きながら早朝に登校していた40数年前を思い起こさせてくれました。

大会の弁当食べたーい

ブラバンの先輩たちは異様な雰囲気があったな〜。中央大会があったりしたら始まりと終わりの演奏のためだけ大会参加。授業には参加者せず文化会館に行ってたなぁ。その時だけはブラバンの一員になりたかったよ。あとその大会で出てくる弁当、ブラバンの特権のようだった。俺も食べたかったな~

記憶なし

そういえばブラバンの同級生と一緒に昼食べた記憶なかったよ

匿名

ブラバンカッコ良かったよね。 怖そうだったけど、ホントに怖かったんだね😃💦 色々カッコ良かったけど1番は、運動会の入場曲(なんとかポッポのなんとか)と、このブログにある共和国国旗がなびくやつを私達が下で頑張ってるやつ。の国旗を運ぶ時に流れる統一列車の歌。笑 なんかホント詳しくなくてもうしわけないけど😂あの曲サイコーでした⤴😂ザワザワ~ってなる。💕😂

現在コメントは受け付けておりません。