同窓会あるある 6 エピソードSの場合

さて、好評?を頂いております「同窓会あるあるシリーズ」も早くも6話目に入ります。作者も頭の中がこんがらがっておりますが、頑張って行きますね❤

この物語はフィクションでもあり、ノンフィクションでもあり、登場する人物、団体等の名称は全て架空のものでもあり、真実のものでもあります。何故なら、この物語の主人公は間違いなく、皆さんなのですから…

Sの場合  ②

高校入学前の春休みに、新たな東京朝高の核心?になって欲しい人財を集めた長野朝中での合宿。その最終日のレクリエーションの舞台の上に立つ女子の中で、ひときわ目立つ女子が目についた。

「あれ?」ドクン…ドクン…ドクン…生まれて初めての感覚、胸が高鳴るのを感じた。

初めて見る顔なのに、昔から知ってる顔見知りの様な…一目惚れだった。
「なぁ、あの娘どこの娘?」その娘がY子だった。

当時の東京朝高は男女別の教室、階まで別なので、男女が知り合える機会は本当に限られていた。それでも、運命と言うのか…Sは中学から、バレーボール部に所属していたので、先輩の勧誘もあり自然とバレーボール部に入部した。

そんなある日、練習開始の前にキャプテンが2人の女子を連れて来た。
「今日から新しいマネジャーが入ります。 〇〇さんとY子さんです。」
「‼️」

Sはビックリした、と言うか信じられなかった。(そんな事ってあるのか?)

でもその日から、何よりクラブの時間が楽しみになったのは言うまでもない。
Sのポジションはサウスポーと言うこともあってライトアタッカーだった。元来少ないサウスポーでありながら、身長も180㎝近く、その高さからのスパイクは破壊力抜群であった。

「S〜、お腹空いたから帰りに『みやした』連れてってよ〜」
「いいよ!連れてってあげるから金は払えよ」
「何でよ〜ケチ!それくらい奢ってよ!」
「ははは…」
その頃になるとSもY子とは冗談も言える仲になっていた。

Sは1年からサブレギュラーで度々試合にも出場した。彼がスパイクを決めるたびに、Y子は大きな声でSの名を呼び、手を叩いて喜んだ。その声に力が湧き、その笑顔に勇気を貰った。

日に日にSの中ではY子の存在が大きくなって行った。同じバレー部の同級生でエース候補のDは小学生からの友人で何でも相談できる親友であった。
「そんなに好きなら告白すれば良いじゃん」
「いや…」

男は硬派!当時の朝高男子のポリシーだが本音は思春期の男子。異性と付き合いたいのは当たり前。だが告白する度胸が無い事を「硬派」と言う言葉で誤魔化しているだけなのにそれは認めたくない…強がるしか無いというのがSの正直な気持ちだった。

だから悶々とする気持ちを持て余しながらもSは日々を過ごさなければならなかった。

そんなある日、4階と5階のあいだの階段で、同じクラスのサッカー部のAと楽しげに話すY子の姿を見た。(何だ?妙に親しげだな…)と思ったが深くは考えずそのまま通り過ぎた。その後もY子とは冗談を交えながらも変わりばえしない日々が過ぎて行った。Sの気持ちに大きな波が立ったのは、その数ヶ月後だった。

同じクラスのAの椅子に、真新しい座布団が敷かれてあった。(あれ?座布団なんてあったっけ?)その瞬間、数ヶ月前の階段での光景が浮かび上がった。
(もしかして…)

「おいA、その座布団どうしたんだよ。Y子か?」1人が茶化しながら言った。(えっ!やっぱりか…)Sは告白しなかった事を、死ぬほど後悔した。
「何でもないよ!」と笑いながら答えるAの顔は、Sからすると眩しい位に輝いて見えた…

それでもY子との関係は、冗談を言いふざけ合う事に変化はなかった。そうする事で自分自身を納得させなければ、とてもじゃないが耐えられなかった。

その後Y子はマネージャーを辞めた。
バレー部という接点が無くなりY子と会う事も、喋る事も、ましてや冗談を言う事もなくなった。たまに見かける事はあったが声をかける事はなかった。
こうしてSの初恋は終わった。

「その後朝銀の先輩と結婚したって聞いたけど、幸せに暮らしてるのかな?」
パソコンの同窓会ブログを見ながら
「同窓会あるある…今だから昔好きだった人に告白したい…か!ははは。」

夜空に星が流れた…

さて、次回「同窓会あるある」は…ただ今構想中…笑
近日公開?…予定です。

『同窓会あるある』について率直な評価は?
  • 非常に良い 79%, 15
    15 79%
    15 票 - 総投票数の79%
  • 良い 21%, 4
    4 21%
    4 票 - 総投票数の21%
  • まだわからない 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
  • 普通 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
  • 悪い 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
  • 非常に悪い 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
総投票数: 19
2019年6月7日 - 2019年6月16日
投票は閉じられました

7 COMMENTS

인류학자

なかなか見通しのきかない展開になってきてますね。これからどうなるのでしょうか。毎回楽しみにしています。

応援者

個人的な意見です「同窓会あるある」1と2を別タイトルにして、3からタイトルを振りなおしたほうが良いのでは?? 3からはもう別もので、短編小説になっているので読んでる方としても楽しいんだけどなんかゴチャゴチャ感があるんです。サブタイトルも少し簡潔に解りやすく考えてほしいなーって勝手な意見、内容はOK!!タイトルは少し考える余地ありかな? 本当に個人的な意見よ。頑張れ、投稿者!!

匿名

俺はこの投稿者は「からし焼き」と「ザブトン」に相当な執念と執着を持っている人物?と見た(笑)

인류학자

もしかしたら、著者は一人ではなく、複数なのでは?

Kim

東京朝高単語集と同じ作者か?やたら、からし焼き、みやした、ザブトンが出てくるな~、今度はむじなか??

応援者の応援者

応援者さんに賛同します。実技編(仮)とコラム編(仮)に分けた方が、今後各々を充実し易くさせる様に思えます。
コラム編に関してはリレー形式にしてみるとか。1話づつの読み切りで淡い恋バナありーの、熱血スポ根ありーの、帰宅部の日常ありーの、勉学に励む人ありーの、あの時代の自分以外の人達の色々な青春や、考えていた事を知りたいです。せっかくだら。でも大変か….

現在コメントは受け付けておりません。