遠すぎた橋

上映された時は駄作と言われた。しかし、第二次世界大戦の西ヨーロッパ戦線で大失敗に終わった作戦を果敢に忠実に描き後世の評価が高いのがこの映画。<遠すぎた橋>

ノルマンディー上陸作戦後、米英連合軍の停滞を一気に打開すべく立てた無謀な作戦(マーケット ガーデン作戦)の推移を丁寧に描写している。何よりも配役が凄いんだ。

ショーン コネリーやマイケル ケイン、ライアン オニール、ロバート レッドフォードにジーン ハックマン、アンソニー ホプキンス、ローレンス オリビエ等々。

空挺部隊(マーケット)がオランダ領土内の主要橋梁をおさえ機甲部隊(ガーデン)で縦断する目論見。圧巻なのは空挺部隊の降下シーン。

そこまでは良かったが、ドイツ軍の予想以上の抵抗にあい機甲部隊の進撃は思うように捗らない。そればかりか無傷のオランダの街街が戦闘によって虚しく破壊される。そして作戦は失敗。いちばん遠い橋を確保した空挺部隊はほぼ全滅しちゃうんだ。

それまでの戦争映画とは違った味わいがあるよ。この無謀な作戦によって、映画には描かれないが連合軍に協力したオランダの人々は、ドイツ軍に報復されたばかりか、強制移住まで強いられたらしいよ。エンディングのシーンが多くを物語るんだ。

2 COMMENTS

匿名

史実に基づく映画は、ハッピーエンドだとこの上なく気分が良いけど、悲しい話しだとより重厚感が増して考えさせられる。出演俳優が豪華過ぎで、それだけでも一見の価値あり。戦争映画なのでワクワクしてはいけないけど、若いロバート・レッドフォードに会いにいきます。

マニアではないけど

うーーーーーん、はっきり言って少しマニアックすぎないかーーこの映画。

現在コメントは受け付けておりません。