編集部のひとりごと 5

還暦相互祝賀会
時間と日々は各自の事情に関係なく流れて行く。想像や他人事の更に向こう側にあった還暦、正に28期の私達は今年その主人公になった。そして、もう目前に迫った同窓会!その準備にかかわり半年以上を過ごした。

漠然とした空想と、来るその日に対しての妄想から始まったブログ。何をしてきたかはおおよそブログに明らかになっているから繰り返すつもりはない。今は最善を尽くしてるかと自らに問いかけている。

大きな、大事なイベントだからその日にどんなミスやトラブルがあるかは分からない。その心配や不安は日に日に膨らむばかりだ。だから今日も今も、実行委員も私も知恵を寄せ合ってあがいている。

特に参加人数の確認で悪戦苦闘しているし、同窓会の式順や催しものなどで妥協のない意見をぶつけ合っている。私もある意味必死だ。こんな向き合い方は久々だ。いや、初めての感覚だ。

何故なら同窓会は42年ぶりの再会だし全員集合の場だから。それぞれ過ごした人生の喜怒哀楽を少しでも分かち合いたい。

来ることが可能なのに参加・不参加で悩む事はやめよう。来ないで後悔はしてほしくない。それは妄想でしかないから。私は参加してその後に後悔?したいと強く思っている。

でも色んな事情で来られない人に思いを馳せる事も決して忘れない。同級生全員が私を知ってる訳もないけど、実行委員の思いは私と同じ、いやそれ以上だ。

同級生の皆にとって素晴らしい還暦相互祝賀会にするためにもう少し悩んでみよう。もう最善追求者になるしかない。

3 COMMENTS

💐💐💐

心の奥底に熱い思いが響きました。ありがたくて涙が溢れます。参加できる人は本当に幸せだと思います。参加したくても参加できない人の心は、ある意味計り知れないと思います。28期ブログのおかげで話したことのない沢山の同級生と繋がったこと、42年の空白を確認(良いことも辛いことも…)できたこと、それだけで十分幸せだと感じるのも確かです。そんなそれぞれの思いを11月9日東天紅で語り合いましょう💕きっと還暦後の自分の生きる力になるような気がします。同級生のために昼夜を問わず それぞれ仕事の合間を いいえ仕事も犠牲にしながら力を尽くしてくれている実行委員会の同級生達、本当にありがとうございます。私個人的には、どんな形で進められても失敗など無いと強く思っています。11月9日の同窓会が行われること全てが大成功です✨✨同じ同級生として一緒に楽しめると良いなぁ〜なんて思っています。あと少し…体調管理に気をつけて 元気な笑顔で当日お会いしましょうね。( ◜‿◝ )♡

匿名

「来るのが可能なのに参加・不参加で悩むのは辞めよう」「色んな事情で来られない人に思いを馳せよう」それな👍

応援者

人生の素晴らしい記憶に残る1日に。旅立つ時に思い出せる1日に、皆んなの為、犠牲を払って取り組んだ皆んなに感謝を

現在コメントは受け付けておりません。