還暦を迎えた私の思い出話

まずは28期還暦同窓会をオーガナイズしてこのブログを提案、運営している同級生の皆さんに感謝の意を送ります。

今回の投稿は、現在アメリカ合衆国のテキサス州に住んでいるソニアの提案と、ソニア同様に在日韓国人として日本で育った、もう一人のアメリカでの奮闘記を知ってもらえればと思ったのがきっかけです。

実は私も同じ時期に、ソニアとシンクロナイズするかのように日本を離れて海外生活を始めていたのですが、つい最近まで長く住みついたアメリカに、在日のそれも28期の同級生が住んでいることに気づかず、今回の同窓会をきっかけに知った時は大変驚きました。

私が日本を離れてかれこれ34年経ちましたが、同じ時代を日本で育ち、共通した体験を持つソニアの発見と繋がりは、頼もしく感じるし、これから先がとても楽しみです。

還暦を祝う年になって、人生の半分以上をニューヨークで過ごしていることに気付きましたが、もしあの時、日本政府が北朝鮮入国を許可していたなら、人生の辿り路が随分違っていただろうなと思いつつ、過去にさかのぼって当時を回想してみたいと思います。

小学校では民族舞踊を学び、中学ではディスコに夢中に

小学生のころ祖国訪問団第1号の在日芸術団代表の団員として選ばれて、学校の授業中に駆り出されて猛練習をさせられた体験は、今でも忘れられない出来事です。当時の私は、小学2年生という幼さでしたが、経験豊かな指導者からムヨンや声楽、 民族楽器を習うことができたことを、今では大変ありがたく思ってます。

芸術代表団の北朝鮮訪問は結局実現しませんでしたが、代表団解散後もムヨン部の活動に加わりながら、伝統舞踊の稽古をし、更にはフェスティバルに参加したりと、幼いながらも舞台芸術活動に参加してました。

ところが中学に上がり、大好きだったムヨンをパッタリ辞めました。心の中に自分に敷かれているレールと制度に対する矛盾と葛藤があり、それに加えて思春期を迎えていたことも重なっていたのでしょうか、今思えば残念でしたが当時は続ける事ができませんでした。

”New Yorker”に掲載されたショット

でも、好きなものから遠ざかることはできないもの、しばらくしてディスコダンスに夢中になりました。ちょうど巷ではディスコが大流行りで、高校時代はどのクラブにも所属せず、ひたすらビージーズの曲を聞きにディスコ通いに暴走する毎日でした。

ブログのクラブ写真を眺めながら高校時代を懐かしみ、もし高校時代に現代舞踊部があったら、きっと学生時代に満開の花を咲かせて満足できたのではないかと、つい残念がったりもします。

本場のモダンダンスに魅了される

高校卒業後は、親の勧め通りに就職しましたが、心底やりたい仕事ではなかったので、正直言って身が入りませんでした。

次第にフラストレーションが溜まってしまい、そんな時は買物等で憂さ晴らしをするような日常を送ってました。やりたい事が解らず、心の中がもやもやしていた時期でした。

そんな時、たまたま職場に観劇好きの先輩がいて、誘われるがままアングラ劇場に通い始めました。劇作家で芥川賞を受賞した義理の叔父が率いる劇団員との交流も手伝って、とうとう3年間務めた総聯組織の仕事を辞めて、舞台芸術学院の夜間部に通い、現代舞踊の舞台活動に専念することになったのです。

1970年代、アメリカから来日していたアルビン・エイリー、トワイラ・サープ、ビル・T・ジョーンズのダンスカンパニーの公演を観る機会があり、アメリカのダンスカンパニーに所属していた日本人ダンサーと身近に接することができました。

Photo taken by Ellen Crane 

それぞれのダンスカンパニーの公演は、観る者に強烈なインパクトを与えるものでした。黒人のパワフルな魂の踊り、サープの斬新なアイディア、ビルの粋なポップダンス、どれもこれも独創的なダンス作品で、過去に体験したことのないようなダンサー達のエネルギーと、振付家の斬新な想像力に私の胸は躍り、アメリカで本格的にモダンダンスを学びたいという衝動に駆られました。

日本では、公演のたびにチケットを割り当てられセールしなければならず、売れ残った分は自己負担をしなければなりません。ところがアメリカでは、出演料はもとよりリハーサルに対しても支払われるというプロフェッショナルな姿勢があり、ダンサーへの対応に大きな違いがあることを聞きました。

また日本では在日という立場での活動に制約がかかることへの不満と、今述べたような日本のシステムにうんざりしていたこともあり、アメリカ行きへの夢は次第に強くなっていきました。

日本を飛びだし、憧れの街ニューヨークへ

そして1985年の夏、バレーのトウシューズを脱ぎ捨て裸足で踊ったというイサドラ・ダンカンの生まれた国アメリカ・ニューヨークの街を目指して3ヶ月の滞在予定で日本を飛び出しました。

世界中のあらゆる国々から、様々なバックグランドを背景に抱えた人々がやって来るニューヨークという街は、まさに人種の坩堝で、言葉がわからないハンディを抱えていながらも、なんの違和感もなく馴染むことができました。

在日韓国人としての立場を、意識的に、あるいは無意識的に隠しながら育った、日本社会での日常体験とはまるで違っていたのです。誰からも気にも留められない開放感と、見るもの聞くものが全て目新しい環境への興味とで、あっという間に時が過ぎていきました。

予定通り3ヶ月で日本に戻ることなどできるはずもなく、早速ビザの更新手続きをし滞在期限を延長した私は、モダンダンスのパイオニアと知られるマース・カニンガムのダンススクールよりスカラシップを得ながら、毎日ハードなトレーニングに励みました。

Photo taken by Ellen Crane 

ダンスばかりか、アート、音楽の世界でも才能あるアーティスト達が多く住んでいるニューヨークはとても活気に満ちていて、日本では考えられなかった経験と、さまざまな人々との出会いに恵まれて、随分成長させてもらったと思ってます。

最初の頃は言葉が通じない苦労もありましたが、それがかえってプラスになったことも多く、無駄口をたたくことなく、ひたすら訓練と稽古に集中することができました。また受け身になって人から教えてもらうことに満足せず、自分で気づいて勝ち取っていく、そんな心の鍛えがあり、過程でした。

Photo taken by Ellen Crane 

こんなこともありました。8年間住んでいたアパートのオーナーから、ある日突然「1ヶ月以内に出て行くように」との催促があり、急いで住む場所を探さなくてはならなくなりました。

友達に相談したところ、8年間も住んだのだから急いで出て行かなくてもいい権利が私にあると法律上のアドバイスをもらいました。英語でやり合えるほど喋れなかったので、友達が代わりに大家さんと交渉してくれたのですが、相手は断固として譲らず激しい口論となりました。

この時大家は、私をイリーガル滞在者で簡単に出せると思ってたのでした。寒い真冬のことでしたので、暖房を消されてしまうなどの意地悪をされたのは、嫌な思い出です。

パフォーマーとして新たな人々との出会い

日一日とダンスのレッスンとパフォーマンスの経験を積み上げていくうちに、日本で観たビル・T・ジョーンズのダンスカンパニーの主役ゲストアーティストとして、パフォーマンスツアーに参加することになりました。

ビル・T・ジョーンズ

ケネディーアワード、トニー賞も受賞するなど、アメリカの振付家として幅広く活動し、世界に知られるようになったビルと同じステージで踊るチャンスに恵まれたことは、私のとってとても幸運でした。

その半面、昨今話題の”ボヘミアン・ラプソディー”の主人公フレディー・マーキュリーのストーリーは、まるでビルのパートナーのアニーや、彼のカンパニーで一緒に踊っていたデミアンを彷彿させるようで、そんな悲しい出来事も経験しました。当時、エイズで亡くなった知人は少なくなかったのです。

ビルを知るきっかけとなったルビーシャングダンスカンパニーとの共演では、野外でのパフォーマンスやテレビ番組の録画撮り、日本での撮影、利賀村フェスティバルのパフォーマンス等を思い出しますが、実に良い経験でした。

PBS13 チャンネル “Live From Off Center “ の日本での撮影現場で

このカンパニーのゲストアーティストだった麿赤児さんの舞踏団大駱駝艦に交じって、全身を白塗りして撮影に参加し、舞踏の東洋的な表現を身近に体験できたことは、私の新たな表現形式を産み出すうえで大きな肥やしになっています。

私はまた、90歳という年齢になっても海外で踊って、世界の人々に感動を与えた舞踏家で、踊りの指導者だった大野和夫さんの踊りと思想に影響を受けました。

中国政府からダンスの研究員としてアメリカに来ていた、中国人男性舞踊家のジンシンとの出会いも忘れられません。彼は撮影プロジェクトで一緒に参加したダンサーでしたが、中国に帰った後”カルチャーレボルーショナリー”とマスコミに取り上げられるほど有名になった人で、それから10年後、自ら舞踊団を率いて、一緒に踊ったジョイスシアターに、なんと女性として登場したのでした。

思い出話の中国人ダンサーと楽屋で

お母さんが朝鮮人だったので、朝鮮語で会話を交わしあえたという彼が、性転換をしてニューヨークに戻ってきたのです。その時ジンシンは「優美な朝鮮舞踊を世界に知らせたい」と語ってくれました。

またこんなこともありました。
これは麿赤児さんと多賀フェスティバルで共演した時の出来事。舞台の周りに水を張り、ちょうど池の中にステージがあるように造られていたんですが、麿さん、開演5分前にその池の中に落っこちてしまったんです。

麿赤児さん

出番待ちで楽屋で待機していた私達は麿さんに何があったのか分からず、ただズボッーと全身ずぶ濡れで立っている麿さんを見て大笑い。麿さんの豹変した姿がとにかくおかしかった。急いでドライヤーで衣装を乾かしてのパフォーマンス、今でも楽しい思い出です。

生まれて初めて選挙権を得て投票する

ダンス関係のみならず、周りには、生死をかけてアメリカに移住してきた人たちの体験談も良く耳にしました。

軍事体制下のチリ政府に対抗したことで酷い拷問を受け、命からがら逃げてきたというチリ人夫婦の恐ろしい話、また戦火の中、就寝時もすぐに逃げられるようにと、ベットの下に靴を置きながら、日常を送っていたというアルバニア人夫婦は、船で難民として入国してきました。

弟の軍隊参加を避けるため家族総出で、家や職、生活のすべてを投げ捨てて移住してきたというブルガリア人の涙ながらの苦労話など、それぞれの移民達のストーリーがあり、複雑な国の歴史と個人史を抱えてやってきています。私自身もやはり在日の境遇を経てきた一人です。

ですがニューヨークのダンス界は、そんな私を素直に受け入れてくれました。グリーンカード取得のための応援やサポートもしてくれました。そのお陰で今こうしてしっかりとした生活基盤をニューヨークに固めることができ、その後市民権も得て更に深くアメリカ社会に溶け込んでいくことができました。

そればかりか、生まれて初めて選挙権を得て投票することができました。このことは私にとって、とても重要な出来事でした。私の意識に大きな変化をもたらしてくれました。

日本にいた時には自覚したことのない一市民としての責任と権利に対して、まったく新しいスタンスを持ち得て、この国における社会問題と課題に目を開かされる貴重な体験でした。おかげで最近我が家の食卓では、2020年のプレジデンシーに向けての会話で盛り上がることが多くなってきています。

最近撮ったパフォーマンス写真

チャンゴのリズムを聞く度に、腹の底が震えあがるような感覚と、韓国朝鮮文化に触れる度に感動し、そして生まれ育った日本への愛着を持ちながら、地球人としてのアイデンティティーを軸に、人種の隔たりや国や民族の歴史を乗り越えて互いに調和して生きることができれば、ここにいる意味があるかな、と思います。

今回の最初で最後になるであろう還暦祝いの同窓会には、そんな個人的な願いと希望を秘めて参加しますね。

最後に、忘れられないダライラマの言葉を付け加えて、私の個人的な回顧談を終わらせていただきます。

Whether  you believe in God or not does not matter so much , whether you believe in Buddha or not does not matter so much;
as a Buddhist, whether you believe in reincarnation or not does not matter so much,
You must lead a good life. And a good life does not mean just good  food, good cloths, good shelter. These are not sufficient.
A good motivation is what is needed: compassion,without dogmatism,without complicated philosophy;just understanding that others are human brothers and sisters and respecting their rights and human dignity”

Thank you for reading my story!!

32 COMMENTS

인류학자

素晴らしいストーリーですね。世界中の人々が憧れる、アートの中心地ニューヨークで、こんなに立派に活躍している28期同級生がいるんですね。また、日本では考えられない多様な人々との出会い、市民権獲得など、在日の枠を越えた、冒険、勇気、そして努力の人生に、感動しました。今後の活躍を楽しみにしています。

Aki

コメント頂きありがとうございます!
はい、少し体力が落ちてきましたけど、持続させていただきますよ。
アンソロポロジストさんに質問です。
私は生まれた時にお尻に蒙古斑がありました。
やはり、モンゴル人のディセンデントでしょうか?
これから選挙が始まりますね

인류학자

Akiさん、私は、社会人類学が専門なので、遺伝子関連は良く分かりませんが、あまり関係無いのでは、と考えます。最近のGenomics分野の進展で、race(人種)が関心を集めていることは確かですけど、人種間の差は、人種内の差より顕著でないということも、判明していますね。

選挙ですね。うるさく(?)なりますね。

匿名という名の匿名

今の感情をどういう風に説明したらいいのかわかりません。もの凄い行動力と精神力です。私達の同級生でこんな素晴らしい経験を積んだ人物がいる事に同じ28期生として誇りに思います。同窓会に参加するそうで…(鳥肌立ちました笑)機会があればぜひお話を聞きたい。

Aki

なんというか、言葉では表現できない、自分の中に籠っている訳の分からないものを、身体を通して、ダンスで表したかったんですね。そして、そのようなことができる場と環境が、あまり日本ではみつからなかったので…、出るしかなったのです。同窓会でお会いするのを楽しみにしてます。

美空千代子

投稿者さん、記事には載せられない様々な苦労もあったでしょう。また日本に住んでいる同級生諸君もそれぞれ歩んできた道があるので、そう考えると人生って不思議なものですね、って美空ひばりになっちゃいました。
ほんと、人生いろいろ。あっ島倉千代子になっちゃった。

Aki

ほんとに、人生は不思議なものですね。日本に帰ったら、オモニの大好きな美空ひばりさんの歌を、歌ってもらいます。次回は、聞きたくてももう聞けないかもしれないので…
あったかいメッセージ、ありがとうございました。

同級生男子

芸術や踊りのことは詳しくないんですが、表現者、パフォーマーっていうんですかね〜。名前がわからないので検索しようとしても手がかりがつかめないのでyoutube動画でもあれば教えてほしいです。

Aki

Youtubeですか。そうですね、過去にやったダンスパフォーマンスを容易に観れる手段があればよいですが…ちょっと友人に聞いてみます。DVDに撮ったものはあるんですけど。
興味を持っていただいてありがとうございます。

一年のときに同じクラスだったかも?

何度も何度も読み返しました。
コメントも書いては消し、
書いてはまた消しながら
躊躇していました。
(記事が素晴らしすぎて
言葉が見つけられませんでした😅)
私には、想像もつかない広い世界で
たった一人で挑戦して…努力して…
積み重ねて築き上げた今の人生✨
心が震えるぐらい尊敬します。
そして…
よく頑張ったね❣️とハグしたいです。
同窓会で叶うかな?(笑)
これからも健康に気をつけて
元気に活躍してくださいね。
心から応援しています\(^o^)/

Aki

コメントを読みながら胸が熱くなって、目が潤んできました。そのように共感してもらえて、返す言葉がありません。
辛いときに、オモニから聞いた話をよく思い出しました。それは出生時のことなんです。私の臍の緒がぐるぐると首に巻き付いていて、息ができずに死んだような状態で、生まれてきたそうです。でも奇跡的に息を吹き返したらしいのです。私はその話を聞いてから、2度命をいただいたのだと思うようになりました。

匿名

○ス、すごーーーーーーーーーーーーーーーい⤴️😊💐💕

Aki

あらっ、どうしてわかったのかしら?
ありがとう!!

匿名

ダライ・ラマはきっと良い言葉を言っているんでしょうね~
○ス、訳そうか?😊

Aki

訳してもらえて、嬉しいです!
ありがとう!!

↑の匿名さん大好き(^^)

翻訳アプリを初めての使ってみました(笑)
あっているのかしら…?(^^)

🍀🍀🍀

「あなたが神を信じるかどうかはそれほど重要ではなく、仏を信じるかどうかはそれほど重要ではありません。
仏教徒として、あなたが生まれ変わりを信じるかどうかはそれほど重要ではありません。
あなたは良い人生を送る必要があります。 そして良い人生はただ良い食べ物、良い布、良い避難所を意味するのではありません。 これらは十分ではありません。
良い動機は、必要とされるものである:同情、教義なし、複雑な哲学なしで、他人が人間の兄弟姉妹であることを理解し、彼らの権利と人間の尊厳を尊重すること。」

私の話を読んでくれてありがとう。

🍀🍀🍀

Aki

訳してもらえて、嬉しいです!ありがとう!!

なんとなく42年…

広い世界に羽ばたいて、夢を叶えた○スにブラボー‼️🎉 遠くからいつも応援しています。 才能溢れる多くの友と共に学べたことが、私の人生の1番の幸運❣️ 知る機会を与えてくれた、ブログ運営スタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。 現実に逢える同窓会を楽しみにしています。

Aki

これからは、今まで以上に日本で見守り応援してくれている同級生がいることを支えに、やっていけそうです。
💓

匿名

おー、最後の英語がさっぱり分からなかった。サンキュー!!

Aki

最後までしっかり読んでもらえて、感激です!

平凡な幸せ者

まさに開拓者ですね。険しすぎてあとに続く者が中々いないかも知れません。朝高で講演でもしたら良いのに・・・。刺激をうける若者はきっといるはずでしょう。学者さん、ダンサーさん、いかがですか?🍀

Aki

それは面白いアイディアですね!
私の場合は講義というよりもダンスか、今教えている神経筋トレーニングの実技の方がもっと役に立ってもらえるでしょう。

○秀 

このブログがなかったら多分いや絶対、海外で頑張っている同級生を知ることすらできなっかであろうし、関心を持つことすらなかっただろう。私達が知り得なかった事、人それぞれの人生や、今までの過程や苦労などを知るキッカケを作ってくれた投稿者さん、そして運営者に感謝です。そしてこれは成功者のストーリー。同級生の中には途中で失敗した人やまだその途中で頑張っている人たちが居るはず。失敗しながらでも頑張っている同級生、必死で汗を流して、底辺で頑張っている同級生にもスポットが当たってほしいと思ってます。

Aki

コメントを頂きありがとうございます。実は、私自身は1度たりとも自分のしたこと、そして自分自身に対して成功したと思ったことはないのです。
何度も挫折してきましたし、今でも白人優勢のこの社会でやりぬくのに必死です。何を成功と言って良いのでしょうか?
私が今回皆さんにシェアーした話は、ただ自分が選んだ行先の知れない道なりの、一過程に過ぎないのです。

인류학자

〇秀さん、同感です。そして強調したいのは成功のように見える人生も、実は失敗と挫折にまみれているということですね。どういう分野にいても戦いってありますよね。アメリカで、有色人種、移民、女性として差別され、白人男性が著書一冊で教授に昇進するのに、移民女性の場合は4冊も5冊も出版してやっと教授になれる、と言うこともよくあります。つまり、なんというか「ふざけんじゃねえ」っていう根性の問題ですね。そういう意味では조고출신だからできるってところ、あると思います。

Aki

ハハハ、「ふざけんじゃねー」はいいですね。気合が入ってますよ!素晴らしい。
○秀さんへ、
投稿では全てを語り尽くし切れませんですので、一例をあげてチャレンジングな面を加えさせて頂きます。
これは最近あった話です。
主人と車で買い物に行く途中、家の近所(1ブロックも満たない距離)で起きた事です。
修理屋の友達、デビッドに渡すものがあるから、彼の仕事場に立ち寄って欲しいと言われ、彼が直している家に行きその家の大きな駐車場に車を止めて主人を待ってました。
そこへ、家の大家が車で駐車場に入ってきたのですが、私を見るなり「警察に訴えるから此処から直ちに出て行け!」と凄い剣幕で脅しにかかったのです。
私は何が起こったのか、なんで目の前の男性が私を脅迫しているのか理解できず、頭の中はパニック状態に陥ってました。
私は今出るからと詫びる事しかできず、硬直状態でした。
そこへ主人が用を済ませて外に出てきました。
この大家は主人を見るなり一変して、
主人の説明をコンコンと聞いていました。私の説明を全く耳にしなかった人の態度ではありませんでした。
主人に事の経緯を話したら、あなたがエイジアンで差別されたのでしょうと。大変な屈辱を味わいました。
人種差別と言葉のハンディーを痛い程経験してます。
それらは此処にいる以上、ずっと続く課題なのです。

無理な要求

パフォーマーとして活躍しているトンムに図々しいお願いだけど、当日舞踊を少しだけ披露して下さいませんか?少しだけでも…やはり無理なお願いか〜🙏忘れて下さい💧⤵︎💦😀

Aki

オー、ノ〜ノ〜、パフォーマンスに気をとられて、すごーく楽しみにしているお酒が飲めなくなってしまいますよ。😂❤️🍶

クラウン

同級生が世界に羽ばたいてると聞いて本当に嬉しいですね。今は朝高にもダンス部があるから、こういう卒業生もいるよって教えてあげますね。機会があれば、ぜひ子供たちに見せてほしい

Aki

そうですか‼︎
是非朝高生のダンス部に伝えて下さい。どんな活動をしているのか、知るの楽しみです。

Aki

へーっ、朝高にダンス部ができたんですね!それは楽しみです。
是非ダンス部員によろしく伝えて下さい。🎶

現在コメントは受け付けておりません。