本当にあった怖い話 12

朝高生の殆どは期末試験が苦手で大嫌いだ。でも試験期間は何故か大好きなのだ。その理由は、早く帰れるのと試験勉強の名目で友達の家に泊まれる(親の許可が取りやすい)から。要はいつもより沢山遊べるからだ。彼らはその期間中、一人部屋、離れに住んでる友の家にたまる。

Jスも外泊常習犯だ。彼は○○のT家で皆で勉強すると毎回言い訳して親から外泊許可を得ていた。勉強を語ったアリバイ工作だから成績は上がりっこない。同類のTの部屋を拠点に夜遊び、酒浸り、時にデート、朝までディスコが外泊の内訳だから当然だ。

業を煮やしたJスのアボジはある日、外泊に向かうJスを尾行した。JスはTの家の前でついて来るアボジに気付いた、冷汗モノだ。

「ア、アボジ%@#/…」

仰天しすぎて言葉にならない。「どんな勉強してるか確認するからな。」と迫ってくる形相は怖すぎる。

Jスは「トンムにアボジが来たと言うから少しだけ待って」と言うのが精一杯だった。彼はドアを開けずわざとドンドンしながら「Jスだよ。俺のアボジが来てるんだけど」と大声を出した。中にいたTらは大パニックだ!

彼らが帰宅間もない宵の口だったのが幸いだった。酒は調達前でタバコと灰皿だけ隠せば何とかなる。ドアが開くと真っ青なJスが彼のアボジと入ってきた。

Tらは挨拶も忘れ直立不動。Jスは中のメンバーに他校出身のSジがいる事に気づいて、やぶれかぶれの手をうった。Sジが勉強出来るんだよ。と指差す。Sジは凍りつく。

アボジはSジを訝しげに見ながらトンム、コンチェク見せなさいと要求する。皆は(あ〜終わりだ)と思った。Sジはカバンから帳面2冊を取出し両手で渡す。その仕草に軽く頷きながらアボジはパラパラとめくりだした。張り詰めた空気。Jスはちびりそうだ。

でもアボジはSジにこう言ったのだ。「しっかり勉強してるんだな。ウチの息子を宜しく頼むぞ。」

そしてその場を去って行った。Sジは彼なりの事情でノートに授業記述だけはしていた。真面目だからではなく彼もまた親の突然の検閲に備えコンチェクチョンリだけは怠らなかったのだ。危機一髪から脱する事が叶ったJスはその後試験外泊となればSジを理由にした。

他方Sジは外泊が更に増え、成績も奮わなかったので親からしこたま怒られた。そして外泊禁止令を喰らった。

この話の推薦曲 オージェイズの<裏切り者のテーマ>  (続く)

13 COMMENTS

早起き女子

【コンチェクチョンリ】言葉の響きに泣けます(笑)
懐かしい〜(¯―¯٥)💧💧💧
【シホンキガン】の早く帰れるワクワク感…
思い出しました〜(^^)/

あれ?
今朝はコピペさんもその子分さんも遅いので
自分で推薦曲探して聴きました。
勿論 翻訳を目で追いながら…♪
ここに貼り方がわからないので
お手伝いできなくてごめんなさい。
m(_ _)m

コピペの子分

https://www.youtube.com/watch?v=u27Lp5TYtbo
推薦曲ファンのみなさん、⬆️多分これで良いと思います😢
子分、能力不足過ぎ🤣スマホ難しすぎ😭今日、ちゃんと息子にならいます。親分、面目無い🤣🤣

ファンキー

ウオッテントドウ❗懐かしくて最高😃⤴⤴涙💧が出そう🎵

コピペ

サイト「AZ」からの転載。
http://www.azlyrics.com/lyrics/ojays/backstabbers.html

“Back Stabbers”

(What they do)
(They smile in your face)
All the time they want to take your place
The back stabbers (back stabbers)
(They smile in your face)
All the time they want to take your place
The back stabbers (back stabbers)

All you fellows who have someone
And you really care, yeah, yeah
Then it’s all of you fellows
Who better beware, yeah yeah
Somebody’s out to get your lady
A few of your buddies they sure look shady
Blades are long, clenched tight in their fist
Aimin’ straight at your back
And I don’t think they’ll miss

(What they do)
(They smile in your face)
All the time they want to take your place
The back stabbers (back stabbers)
I keep gettin’ all these visits
From my friends, yeah, what they doin to me
They come to my house
Again and again and again and again, yeah
So are they there to see my woman
I don’t even be home but they just keep on comin’
What can I do to get on the right track
I wish they’d take some of these knives off my back

(What they do)
(They smile in your face)
All the time they want to take your place
The back stabbers
(Back stabbers)
Low down, dirty

(What they do)
(They smile in your face)
Smiling faces
Smiling faces sometimes tell lies (back stabbers)
(They smile in your face)
I don’t need low down
Dirty bastards (back stabbers)

〔和訳〕サイト「日刊ろっくす ROCKS(v BLOGS)」からの転載。
http://rocksblog.seesaa.net/article/8524138.html

「♪(彼らがすること、貴方に微笑みかける)、
いつだって君の寝首をかこうとしてる、暗躍者、
(あんやーくしゃ)
(貴方に微笑みかける)
いつだって君の寝首をかこうとしてる、暗躍者、
(あんやーくしゃ)

貴方が大切にしてる誰か、大切にしてる恋人を持っているなら、気をつけなければならない
彼らは目立たない。しかし持つ剣は長く、一度狙いを定めたらテコでも狙いを外さず、背後から忍び寄って一撃、けっして狙いは外さない。

(彼らがすること、貴方に微笑みかける)、
いつだって君の寝首をかこうとしてる、暗躍者、
(あんやーくしゃ)
(貴方に微笑みかける)
いつだって君の寝首をかこうとしてる、暗躍者、
(あんやーくしゃ)

何とかこのような人から友達を守ろうとする私。彼らがすることを恐れて。ああ。
彼らは何回も何回も何回も何回も私の家に来る。ああ。
油断をすると留守中、あの人に話しかけ。いったい私が出来ることはなんでしょうか。
彼らが私の背中から何本かでも刺さってるナイフを抜いてくれるのを願うばかりです。

(彼らがすること、貴方に微笑みかける)、
いつだって君の寝首をかこうとしてる、暗躍者、
(あんやーくしゃ)
(貴方に微笑みかける)
気が付けば汚い人にされている貴方。

(彼らがすること、貴方に微笑みかける)、
笑顔、笑顔は時に嘘だらけ
(あんやーくしゃ)
(貴方に微笑みかける)
嫌だ。私はゆえなくおとしめられたくない♪」

匿名

コピペさん、その子分さん💕
ありがとうございます💐
お二人のおかげで物語が二倍楽しめます♪
朝6時前から推薦曲と奮闘している感じが想像できて
なんか面白いですよね(笑)
あっ!勿論 いつも感謝しています🌻🌻🌻

匿名

親分さすがです(よくわからないけど乗ってみた笑) 
この曲、中1の時。中3のオンニがディスコ通いをしていると知り「オンニ不良だったんだ!」とショックを受けたんだけど そのオンニがよく歌ってましたね。中3のオンニ達の教室からも聞こえて来て、「中3全員不良なんだ!」とコワカッタのを思い出します笑笑
作者さん、1回推薦曲に先に食いついてしまいますね笑 あれ?本編どんなだっけ?もう1回見に行こっと笑

匿名

コピペさん、
【参考に】ありがとうございます。
「何やってくれとんねん」
ちょっと笑いましたが…
何度か読み返すと深雑な気持ちが交差しています。
なんでだろう?(笑)

挿絵ファン

挿絵のアボジの迫力にビビりました(^.^;
怯えている息子たちの後ろ姿も笑えますね。
この一枚目で言葉は何もいらないくらい
全部を理解できます。
毎回目にする挿絵が
どんどん進化してるように感じるのは
私だけかな?^_^

What they do

What they do
このフレーズだけは覚えてる。チュン坊の時はウォッチャンドゥと叫んでた(笑)

作者の代理

おいおい、歌よりも本編楽しんでくれよ、と作者が申しております、ハイ。

うちのアボジも怖かった

結局、最強はアボジ😊

現在コメントは受け付けておりません。