本当にあった怖い話 2

夕方の山手線内。
池袋で朝高生女子7人が乗車した。

彼女らは黒や紺色のボディーラインをなぞったコートを身に纏い、在日的チャンポン言語でハシャイでいた。

新宿駅に電車はすべり込んだ。何とそこに蛇腹が二人乗って来た。蛇腹は彼女らが朝高生であるのが判ると「フン!」と鼻で笑った。

それが奴らの不幸の始まりだった。

彼女らは黙っていなかったのだ。
アッと言う間に蛇腹を取り囲むと「オイ、テメェ何ガンたれてんだよ!」
「イノム、ウリカルボゴ 笑いヘッタ。」といきり立つ。

相手が女子なので蛇腹も「何だ。この朝鮮オンナが、コノヤロー」と言い返す。っとその瞬間、蛇腹は髪を引っ張られビンタをくらう。
もう一人は股間に膝蹴り、カバンで殴られボコボコに……

拷問の様なヤキは原宿まで続いた。

ホームに降りた蛇腹のリーゼントヘアは乱れ、学ランは靴跡だらけ、顔には引掻き傷と見るも無残。

発車した山手線の車内からは彼女らの高笑いが鳴り響いていた。
「朝高ナメんなよー!」

二人の蛇腹はさらに心底朝鮮が嫌いになった。しかし二人は意を同じくして、学校や仲間にこの日の出来事だけは決して話さなかった。 (続く)

7 COMMENTS

女子編

朝高武勇伝女子編来ましたねー。
作者さん素早い反応ありがとうございます。
あの頃、男子もカッコ良かったけどアリラン女子もイカしてたね。
次も期待しちゃいます。

本当に怖い

‼️‼️😱😱😱SNSにアップされませんように・・・祈

匿名

怖いお姉さまはアナタだったのね(怖)

匿名

今なら「山手線内ですごいの見た」とかで動画アップされちゃいますね。国鉄の時代で良かった😊

管理人

タイトルの通り「本当にあった怖い話」です。

タイトルに反しフィクションであって欲しかった。でも今では立派な肝っ玉母さんになっているでしょうね。

現在コメントは受け付けておりません。