本当にあった怖い話 21

信じるか信じないかはあなた次第です。寄宿舎がある別の朝高での話。

当時は郊外というより開発されてない地区にあったその朝高の付近で、バラバラ殺人事件があった。捜査が進み遺骸の殆どは発見されたが、右手首だけは見つからなかった…

そんなある晩、一年生二人が先輩達に呼ばれた。用件は寄宿舎から抜け出して缶コーラを30コ買って来い、だ。そして100円玉を30枚を渡された。 二人の一年生は顔から血の気がひいたが「옛!」と答えた。

郊外なので近隣にお店はなく、おまけに夜中。缶コーラはあの自販機でしか買えない。よりによってバラバラ殺人事件の遺骸捜査が行われていた場所の近くにしかないのだ。でも先輩の命令は絶対だし実行できなければヤキが待つのみ。

二人は塀を乗り越え、息も切れ切れに街灯もない夜道を走った。真っ暗闇の中にボンヤリ光って見える自販機は不気味でしかないし、ましてこの場所は…!

二人は100円玉を入れコーラのボタンを押す。
<ビー、ガコン!>

出てくる音が鳴り響きドキッとする。
一分一秒でも早く その場を離れたい二人は、流れ作業のように必死に買い続けた。

さあ、あと1コを取り出したら戻れる。でもコーラが出てこない。 30コが絶対命令だから二人はアセる。

自販機を叩いたり揺らしたりしてると自販機の明かりがついたり消えたり。そして鈍い音のガ、ガコン。最後のが出てきた。嫌な予感がして二人とも躊躇する。勇気を出してそれを取出した瞬間「ギャー!」

手にしたモノを見たもう一人も「ギャー!!」と悲鳴を上げ腰を抜かす。
最後の1コ、それは「ファンタ」だったのだ。

コーラ29コとファンタ1コを持って戻った2人がどうなったかは誰も教えてくれない!?

この話の推薦曲 クール & ザ・ギャングの <ジャングルブギー>  (続く)

6 COMMENTS

コピペの子分

https://www.youtube.com/watch?v=1fZtdUXXGRc&feature=youtu.be
読みながら、笑って声が出てしまった❗笑
電車の中じゃなくて良かった。
挿し絵もいつにも増してサイコーだな🤣
ゆっくり本編読んでからじゃ抜かされる恐れがあるのに、つい見てしまった笑 でも勝った~😊

인류학자

私も、声を出して笑ってしまいました。通勤の車のなかです、安全運転しないと…

匿名

最後の一本が、ファンタオレンジなのか
それともファンタグレープなのか・・・
とても気になります。(笑)
こっそりと教えて下さい!!www
朝から笑わせてくれますね〜(◔‿◔)

丸萬商店

管理人さん頑張って👍👍👍👍👍最高!

現在コメントは受け付けておりません。