本当にあった怖い話 23

授業で習った1929年の光州学生運動を記憶してるだろうか? 列車内で日本人学生が朝鮮人女学生をからかった。それを目撃して怒った男子学生が日本人学生と喧嘩になった事に端を発する……

先輩から伝え聞いた話だ。
当時、国士舘大学生の横暴は社会問題化し、テレビや新聞でも連日ニュースになっていた。最寄りの駅や街での我が物顔の振る舞いやサラリーマンを恐喝、暴行したりとその傍若無人ぶりに社会は激怒していた。また朝高生に対する集団暴行事件も新聞紙面に掲載されはじめた。

そんなある日の事。下校するPやMらが乗換で新宿駅南口フロアを歩いていると改札辺りで5〜6人の男が後輩の朝高女子らを足止めしていた。何と蛇腹大生が彼女らをからかっていたのだ!ヤツらはPらが怒り心頭で走ってくるのを見るや、仰天してチリヂリに逃げ出した。

パニックで横転する輩もいたほどだが捕まえるまでには至らなかったのが残念。逃したにもかかわらず何故かMはニヤニヤ嬉しそうにしている。その手にはヌンチャクが握られていた。「ハハハッ。あてた感覚はあったよ。」

他の仲間はMがカバンにヌンチャクを忍ばせてるとはつゆ程も知らなかったので呆れ顔だったが、後輩女子の仇をとった気分は悪くなかった。しかし、Mが振り回したヌンチャクが蛇腹大生の後頭部にあたり大出血の怪我を負わせていたのを彼らは知らなかった。

奴らの自業自得と言えなくもないが、朝高に対する怒りは沸騰するばかりだ。実はこの小さな出来事が新聞紙面の記憶、1973年のあの新宿事件と高田馬場事件を誘発したのだった!

それは我らの時代の登下校時の各駅での風景とも関係してゆく…

この話の推薦曲 ジェームズブラウンの <ストーン トゥ ザ ボーン>

4 COMMENTS

匿名

国士舘大学の横暴との終わりのない闘い… 
とうとうヌンチャクまで…
ある意味本当に怖い話を読むたびに
背筋がゾッとします。
(自分がもしその場所に
遭遇したらと考えると^^;) 
挿絵の格好いいの朝高生を見て
少しだけ安心する私でした(笑)
そろそろ推薦曲が聴けるかな〜?(^^)♬

匿名

コピペさ〜ん(^^)/~~~
いつもありがとうございます❣️

선생님 정말 고맙습니다

私が高校生の息子がいるぐらいの頃の話・・・山手線内で우리나라へ修学旅行からの帰りだった중고생5~6人の話し声が聞こえてきた「ねぇ、日本に帰って来て真っ先にやりたい事って何?」の質問に「어머니が作ってくれるご飯が早く食べたい!!」と남동무が여동무もいる中で平然と答えている。私はなんて純粋な子達なんだろうと目をうるうるした事があった。일본학교との違いがこう言う所にあるんだな〜本音で付き合える仲間。우리학교 만세 ❗️

現在コメントは受け付けておりません。