本当にあった怖い話 26

朝高生には各地元で通う喫茶店があった。Lは地元駅近くの「ゲート」がお気に入りで帰宅途中殆ど毎日通っていた。そこのナポリタンが美味しかったしジュークボックスもありタバコもお咎めなく吸えたから。

ナポリタンを調理しているのは日高生のアルバイト店員で名はヒロという。通ううちに調理者がヒロとわかり、学年も同じヤツが健気に働く姿に好感がもてた。Lらが行くと必ずナポリタンを大盛りにしてくれた。

ある日、ヒロは「Lさん、ちょっとお話があるんですが」と真顔で言ってきた。Lはヒロが手招きする席へ一人移動した。そしてヒロは「実は自分、もうすぐ暴走族を起ち上げるんですけど、なにぶん新参で非力なので、Lさんアタマはって下さい。お願いします。」と頭を下げた。

詳しく聞くと、構成員は30人位で始めると言う。Lが「バイクの免許がない俺がリーダーできる訳ないだろ。」と言うとヒロは「自分のバイクの後ろに乗って下さい。ここのバイトで貯めたカネでナナハン買いました。」と食い下がる。

必死の頼みを無碍に断れずLは「考えておく」と返事するしかなかった。Lは(18になる前に族のリーダーかぁ。)とまんざらでもなくその日から「〇〇の朝高生リーダー L!」の妄想にふける。

問題は族の活動時間が土日の深夜だった事。いくら考えても夜出掛ける言い訳が思い浮かばないのだった。

次の週はじめにLはゲートに立ち寄った。でもヒロが来ていない。他の店員に聞いても連絡がないと言うし、当然ナポリタンの味も量も変わってしまった。

それから2週間ほど過ぎたある日、ゲートにヒロの姿があった。Lらの来店を知るとヒロは嬉しそうに近寄ってきた。が、松葉杖だった。おまけに右ふくらはぎが歪(いびつ)に曲がっていた。

ヒロは「Lさん、事故っちゃいました。族の結成も延期です。カネ貯めて足の手術しますので。」と照れ笑い。Lは気の毒にと思いながらも(あん時、返事してたら俺もヒロのバイクの後ろに乗ってたかも。そして、大怪我してヘタしたらカタワになるかもっとヤバかったかも)と人知れず胸を撫で下ろしていた。

天はLを見捨てなかったのだ⁉そしてLの朝高生活は続き、無事卒業を迎える。もちろんナポリタン目当てのゲート通いも続いた…

この話の推薦曲 カーペンターズの <トップ オブ ザ ワールド>
https://youtu.be/iSfPJqEKzt0
この回から推薦曲は作者が貼らせていただきます。コピペさん、子分さん、孫弟子さん、ごめんなさい。

7 COMMENTS

コピペの子分

寝不足解消して、お肌の手入れに専念しますね。作者さん、頑張れ~⤴️😊

ナポリタン

L君、暴走族に入らないで良かったネ。朝高生が暴走族⁇ あまり似合わないよ。朝高生の移動手段はバイクじゃなく赤羽線、山手線、京浜東北線っしょ。それにしてもイラストのナポリタン見てるだけでゲップが出そう。笑笑

ミート派

カーペン兄とターズ妹の「トッブ オブ ザ ワールド」ですね。(“⌒∇⌒”)好きなんです。この曲🎵あの日(青春の輝きのリクエストがあった日)から笑いなしでは聞けない、楽しくもっと大好きな🎵曲になりました。Lくん、あん時返事しないでよかったね。沈黙は金なり~☺。

コピペ

早起き合戦終了か~、少し残念な気もするがな、まっしょうがないな。今夜からゆっくり眠れそうだ。

早起き女子

えっ?早起き禁止になったんですか〜〜〜?
残念❗❗❗(;´д`)トホホ…
ではでは、目が覚めて朝一番に
ブログを開くのは我慢します(笑)
作者さん、頑張ってくださいね〜\(^o^)/

管理人

作者さんから早起き合戦をやめたほうが良いというアドバイスと、同窓会を控えて体調管理にも気をつけてもらいたいとの要望もありましたので、今回から作者さんからリンク先を提供させて貰いました。また作者さんの推薦曲に対する個人的なこだわり?もありますので、作者さん自らおすすめのリンク先を推薦して貰う形をとります。ご理解ください。

現在コメントは受け付けておりません。