本当にあった怖い話 28

朝鮮高校と拓殖大学は喧嘩しない⁉三つ上の時代、千葉の朝高生Rが池袋駅で拓大生をメッタ打ちにした事があった。
それに怒った拓大の応援団や格闘技系の巨漢20名位が朝高を訪れ(騒然となった)朝高の先生に抗議し、談判の末<不戦協定>みたいなモノができた…

その日Cは事情があって昼頃一人で登校する。東十条駅を降り学校に向かって歩いていた。十条駅にさしかかった時、前から二人が歩いできた。Cは相手の格好から先輩だと思い「アンシカ(アンニョンハシムニカ)」と頭を下げるが相手は知らん顔。アレッと思ったCは立ち止まり誰だか確認する。

背も体格もデカい相手は粋がりながら「拓大だ」と言う。Cはアタマにきたが限りなく敬語に近いトーンで「拓大とは喧嘩しないんだよね。」と言うと相手も「そうだ」と頷き、それからCがよく知る先輩の話もしてきた。

不戦協定通り何事もない離れ際に拓大生は「朝高は国士舘にやられて可愛そうだから、拓大は手を出さねぇよ。」とほざいた。大生だからと我慢してたCはその余計な一言にプッツン!「なんだとコノヤローッ、朝高舐めんじゃねえっ!」と殴りかかった。

一発で相手は倒れた。Cの怒りは収まらない。彼は倒れた相手に馬乗りになってパンチの連打を浴びせた。もう一人が加勢してきてCを羽交い締めにすると倒れた奴も起き上がり反撃してくる。なにぶん十条駅前なので、交番から警官が駆け出てきてようやく中断。

もれなく現行犯逮捕だが、通りかかったあるヒトが「ウリ  ハッセンイジ?ここは俺に任せて早く逃げろ」と助けてくれた。その同胞が警官に仲間同士の諍い(いさかい)だと説明すると警官も「えっ、そうなの?」って感じの対応。

殴られた拓大生も(高校生にやられたとは言えず)異議を唱えなかった。逮捕を逃れたCだったがYシャツは返り血で汚れビリビリに破れていた。Yシャツをゴミ箱に捨て肌着にボンタン姿でそそくさと家に帰った。そして何故だか分からないが、Cは家でYシャツを着替えてまた学校に行ったのだった。

…この事件も<不戦協定>とは朝高生(高校生)に負ける訳にはいかない「拓殖大学の面子を保つ為」の苦肉の免罪符だということを物語る。この事に対する拓大側の仕返しは特になかったらしい!

この話の推薦曲 オハイオ  プレイヤーズの<ファイヤー>
https://youtu.be/HKr52OKrgOo

2 COMMENTS

天使降臨

C君やりますねー。大学生二人相手に向かっていった朝高魂に拍手を送る。ここぞという時に何故か救いの天使が降臨。C君何か持ってますね~。

アンシカ 笑

推薦曲の最初のサイレンに笑いました🚓
C君がどんだけブチ切れたかは、
挿絵を見れば一目瞭然ですね(笑)
ヽ(`Д´)ノプンプン

現在コメントは受け付けておりません。