本当にあった怖い話を終えて

本当にあった怖い話のご愛読、誠にありがとうございました。イタズラのつもりで書いた二、三の実話がブログ管理人の目に停まり連載と相成りました。これが企画され三十話以上の連載を果たせたのは愉快で素敵な、時に涙ぐましい?青春の一時を共に過ごした、東京朝高28期の男女の同級生あっての事です。

また、この話に情報やネタを惜しみなく寄せてくださった同級生や先輩の方々に改めて御礼申し上げます。朝高時代のエピソードは紹介した話以外にも沢山あるし、情報不足でその全てを記す事が叶わなかったのが残念でならず反省しきりです。

この話がより面白おかしく読まれたなら、それは効果抜群の挿絵のおかげと、ブログ管理人の人知れない努力の賜物です。

また読者のコメントがこの企画を盛り上げたばかりか、作品の成長を後押ししてくれたと言っても過言ではありません。

なお、本当にこんなことがあったのかの問いに対する答えは「真実(事実)は小説より奇なり」でイエス!です。なので作者ではなく著者と認識される事を切にお願いします。

この話の終着点は11月9日の還暦同窓会です。一人でも多くの同級生とその日に再会できることをひたすら祈っています。今一度感謝と愛を皆様に!

最後に朝高時代へ回帰される皆様へ著者の特選した5曲を送ります。

キャロル ダグラスの <恋の診断書>
https://youtu.be/60pmjszIBJQ

フィリー  デポーションの <涙のディスコティック>
https://youtu.be/ScAzGQmfJ0Y

カーペンターズの <ソリティア>
https://youtu.be/BvgDH8oSrTo

ヒューズ  コーポレーションの <愛の航海>
https://youtu.be/TwaGAQDb8ps

マリリン  マッコー & ビリー  デイビスの <星空の二人>
https://youtu.be/B-76HkfOFEA

「本当にあった怖い話」について率直な感想(複数回答可)
  • また続編を期待します 53%, 9
    9 53%
    9 票 - 総投票数の53%
  • とても良かった 47%, 8
    8 47%
    8 票 - 総投票数の47%
  • 普通、まあまあだな~ 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
  • その他の意見あり 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
  • お腹一杯。しばらく休みましょう 0%, 0
    0
    0 票 - 総投票数の0%
総投票数: 17
投票者数: 11
2019年9月19日 - 2019年10月31日
投票は閉じられました

7 COMMENTS

コピペの子分

今日で終わるんですか❗火木土日の楽しみが無くなるのですね💧期間限定。やむ無しですね。33話楽しませてくれてありがとう。最初は苦手なケンカの話しばかりで(ごめん笑)、どうなることかと思ったけど、人情や友情、ユーモアまで織り交ぜた展開にいつの間にかひきよせられた。数々の未知の楽曲も聞かせてくれて🎵。挿絵の素晴らしさは言うまでも無いかな?笑 でも言おうかな。笑 すごい❗素晴らしい。ワンダフル。大好き♥️(絵ね笑) 著者さん、イラストさん、ほんとにお疲れ様。ありがとね。同窓会で一緒に写真撮ろうね🍀カンパーイ⤴️😊

匿名

【本当に怖い】の著者さん、挿絵の画家さん、ブログ管理人さん・・・本当にありがとうございました。今日からは締切を気にせずにゆっくりと休んでくださいね。私個人的には、知らなかった朝高時代の話を沢山知ることができていつの間にか夢中になっていたので「寂しくなるなぁ〜(^.^;」が実感です。推薦曲をワクワクしながら聴いたり…どんどん進化する挿絵に驚いたり…同窓会で本人とお会いできたら 心から…ありがとう〜♡を伝えたいです(^^)

ファンより

著者さん本当にご苦労様ね〜ありがとうね〜😊、敬服尊敬崇拝感謝。

管理人

著者さん、本当にお疲れさまでした。「本当にあった怖い話」の原稿が届いた時の事はっきり覚えています。中央線のホームでの飛び蹴り…、本当に怖い話で鳥肌が立ちました。思えばこの間にたくさんの同級生に支えてもらいながら連載が継続できたことをうれしく思ってます。また連載途中から著者さんの推薦曲がアップされました。これも皆さんのコメントがきっかけでしたね、途中日本の歌謡曲でも?という読者さんのコメントに押されて第6話に推薦曲を水前寺清子の「ありがとう」に変えてしまった事、今でも後悔しています(笑)著者さんの意図がその時には理解できませんでした、お許しを。さて著者は誰か?の問いが結構きてますが、著者は絶対に明かしません。著者はシャイなのです。でもこれだけは言っておきますね。著者は遠方に住んでます。原稿はパソコンではなく、スマホで一字一字打って送ってきます。独特な言い回しと、こよなくディスコミュージックを愛し、40数年前の記憶を頼りに、また取材や電話によって得られた知識と録音された音声を基に原稿を送ってくれました。ここに感謝の言葉を送ると共に少し休んでまた…何話か、、お願いできればと思っております。ありがとうございました。

本怖Xさんへ

本怖Xさん、お疲れ様でした。独特な言い回しとテンポよい文章はとても読みやすかった。悲劇的な出来事もコミカルに描写するところは現代のチャップリン?!続編期待してます。

大ファン

番外編などは?(^^)^ – ^、寂しくて、、たまにでも、少し休んで

現在コメントは受け付けておりません。