本当にあった怖い話 4

その日もSセは一人下校だった。
午後3時頃、立川方面の電車に乗ろうと新宿の中央線ホームに。
いつもの乗車位置に向かって歩いていると前方から黒い一団が!!

ざっと5〜6人だ。
奴らはSセを見つけるや怒号を上げながら向かって来る。

Sセは逃げる。
が、階段の前で立ち止まる。

そして彼は階段の下に向かって叫んだ。
「いたぞ、いたぞ!」と手招きするSセ。
そして追いすがる一団の方に振り向き「おらぁ、かかってこい!」と身構えた!
一団は踵を返し一目散に逃げ出した。

Sセは「その手に乗るか〜」と叫んだ。
Sセは追いかけるふりをしながら、ホームに止まった電車に、発車ベルと同時に飛び乗った。

プシューッとドアが閉まる。
ゆっくり電車が動き出した時、黒の一団は戻ってきて虚しく奇声をあげる。

咄嗟の機転で難を逃れたSセだった。

Sセが学校で習った革命歴史の抗日パルチザンの戦法を真似たかどうかは知る由もありません。あしからず。 (続く)

8 COMMENTS

逃げるは恥だが役に立つ

そうそうそれで良いと思います⤴️😊。早く家に帰ってオモニのご飯を食べましょう🍙 ほっ🍀

その昔パルチザン隊員

昔習ったね。
少人数の抗日パルチザンvs大日本帝国関東軍。
少ない人数をいかに大人数に思わせて敵をほんろうさせるかがポイントの戦法。
Sセ君はこの戦法を熟知してたのかな?
中々の戦略家であるのは間違いなし。

유인전술とやらですか?賢い選択でしたね。

回想記

やはり当時の「항일빨찌산참가자들의 회상기」を学習したお陰だったのかも…。俺は今でも「한홉의 미시가루」だけは記憶してます💦

인류학자

みなさんスゴい記憶力ですね。だいたいケンカと항일빨찌산참가자들의 회상기が繋がりを持つのは、民族教育のおかげと言うべきなのでしょうか。最近、회고록 세기와더불어を読みました。昔혁명력사で学んだものとは異なった人間金日成が本人の言葉で、正直に語られていると感じました。なかなか面白かったです。

三河島

ファイト!(^^)管理人さん作家さん画家さん

負けるな!朝高‼️

いま思うとある意味どこかとどこかの代理戦争みたいな感じでしたね。
ジャバラは「大日本帝国🇯🇵万歳!」こちらは「우리나라万歳!」の世界でしたからね。
負けるな!朝高‼️

ケンカをやめて🎵

そうゆう伏線があったのですね😅ただのケンカの話ではなさそうで良かった⤴️😊 すもパルチザンさんも凄いね❗😊私もコンブ時間起きてればよかったな💦✏️📓

現在コメントは受け付けておりません。