3年12班の愉快な面々 完結編②

受話器の向こうでは「もしもし、もしもし」と言う声が聞こえるがス◯は「はい、はい…」と答えるのがやっとだった。妻の異様な雰囲気に気が付いたのかSスが「どうしたの?」と起きて来た。ス◯は「何かMリが、急に倒れて救急車で運ばれたみたい」と受話器を握り締めた。

「えっ!何で?それで大丈夫なの?」と聞き直すと妻の手から受話器を取って「もしもし、お電話変わりました。それでMリの容体は…?」と聞き返したがおそらくナンピョンだろう、彼も慌てて要領を得ない。ようやく、寝てると急に息が粗くなり食事を吐き出した事、体が焼けるように熱くなり高熱が上がった事がわかった。病院名を聞き、出かける準備もそこそこに車に飛び乗った。

車の中で主な同級生には連絡をした。北千住にある総合病院には急を聞いた12班のメンバー達がすでに何人か来ていた。「あ、Sスとス◯…」とC子が声をかけると皆が二人を見た。「それで、容態は?」と聞くと病室からちょうどナンピョンが出て来た。皆はどんな状態なのかと駆け寄った。

「今度の同窓会の事で、大分気を張って頑張ってましたので、疲れとストレスが溜まって体調を崩したみたいです。でも、今点滴を打ちましたので落ち着くと思います。ご心配かけました」と頭を下げた。皆の顔に安堵の表情が浮かんだ。

「心配かけてゴメンネ。S子が来れるって話を聞いて安心したのかな〜」「心の張りが取れたみたいね。よっぽど嬉しかったんだ」とソンスンが言うとNMが「昨日も聞いたけど…Mリ、なんでそんなに熱心なの?嫌がる子もいるんじゃない?」と聞いた。

Mリは微笑んで「ねぇ、28期のブログ見てる?」と聞き返した。「うん、見てるよ。写真とか動画とか歌とか映画とかいっぱい載ってるよね」「あ、あと感想集とか短編小説とかも…」「そうよね〜今までの還暦同窓会の歴史でこんな事やった先輩はいないよ」皆口々に褒めた。「ブログの管理人もそうだし、投稿してる人、イラストを書いてる人、コメント寄せてる人達はなんでそこまでしてるのかな?中にはそれこそ、寝食惜しんでやってる人も居るわ」

周りを見回してMリは続けた。「実行委員に選ばれた人達も、それこそ一生懸命に同級生に連絡して1人でも多く参加させようと努力してるの」と言うと Mリは一息置いて続けた。

「皆んな、学生時代って楽しかったよね…私はね、今はどうあれ、同窓会の時だけでも、皆んなで楽しかった高校時代に戻って、泣いたり笑ったり怒ったり喜んだ、あの時間に戻りたいだけなの…」

還暦と言う、人生の終盤の区切りの年に、高校の友達と思い出を語り合う…こんな機会はこれから先、おそらく訪れる事はないだろう。だからこそ、その場に一人でも多くの友達を誘いたいと、強く思い勧誘に力を入れてるのだった。

その時Mリの携帯が鳴った。Gチからだった。「Mリ、大した事なくて良かったな。びっくりしたよ…嬉しい知らせだから早く伝えたくて電話したんだ」「えっ何?嬉しい知らせって…」「Kと連絡が取れたんだ。今沖縄にいるんだけど、参加するってさ!良かったよ」見る見るMリの顔に笑顔が浮かんだ。「え〜本当?よかった〜」とその場にいた皆も一緒に喜んだ。

1日入院したら?と言うナンピョンを振り切って、その日の内に退院したMリは、早速フランス在住の◯スンに連絡を入れた。どうしても抜けられない仕事があって、残念だけど参加できないと言う答えだった。「そうなんだ〜本当に残念ね。でもまた日本には来る機会があるんでしょう?その時は12班のメンバーで同窓会しようね」「うん、絶対連絡するからね。それじゃ、皆んなによろしくね」と電話が切れた。

(ラグビー部のエースの元カレRも楽しみにしてたのにね…高校時代付き合ってたカップルも、思い出話で盛り上がったりするのかな?焼き木杭に火が付いたりして…フフフ、それはないか。)とすでに秒読み段階に入った当日のカレンダーを眺めながらMリは一人微笑んだ。

2019年11月9日
3年12班の愉快な面々は各々着飾って上野不忍池畔の『東天紅』に向かっている。

Hソン、Gチ、Y男、哲夫、SG、M道、Sス、K、Mリ、NM、C子、Eス、ソンスン、K子、ス◯、KM…
そして金先生と文先生…会場の前にはすでに多くの同級生達が集まって歓声を上げている。12班のメンバーもその輪に飲まれて行った…

「ほら、アッパ!何してるの?時間ないわよ。もう〜!ありもしない髪の毛のセットにどれだけ時間かけてるのよ!遅れるよ!」とNMの叫び声が秋の空に響き渡った。

さて皆さん、長かったこの話も本当の終了にしようと思います。この続きのストーリーは、皆さんが当日、現実の同窓会で完結させて下さい。何故なら、ここに出て来る登場人物は紛れもなく、あなた自身なんですから…

「3年12班の愉快な面々」
当日につづく…

長い間の購読、ありがとうございました。
同窓会でお会いしましょう…

11 COMMENTS

面々に感謝🍀

こちらこそ本当にありがとうございました。
私達が作る「3年12組愉快な面々」の続き…
素敵な提案ですね。どんな物語の続きになるのか、
ドキドキワクワクが止まりません(*˘︶˘*).。*♡
11月9日、元気な笑顔でお会いしましょうね❣️

面々ありがとう。

面々ありがとう。
最後の最後まで楽しませてくれて、作家さん素敵❗

管理人応援団

❤️🎉🎊🥇🥇🥇🏆🏆🏆🎖🏵🎗頑張ったね!感動した🥺ご苦労様

又の名をソンスン

幻の完結編は、当日私達の心の中に刻まれんるんですね☺️素敵❣️東天紅に向かう28期동창생の気持ちは、この完結編そのものだと思います。完結編まで作って頂きありがとうございました❗️皆さん🥰東天紅で会いましょうね‼️

匿名

作家。イラスト、管理人さん、長らくお疲れ様でした‼️ それぞれの青春時代を思い出される画期的な作品でしたね。また実話もまじえながら。当日東天紅で、面々がリアルに再会、参加者全員が良かったと感じる同窓会になりますように。

匿名A

管理人さん、作家さん、イラストレーターさん
楽しかった面々をありがとうございました❣️
益々11月9日が楽しみになりました😄

作者です。

本日でこのブログも終わりという事で、長い間お世話になった皆さんに最後のお礼を申し上げます。もし時間があったら「面々」始め「あるある」、「回想集」まで読んでみて下さい。(^^) それでは、新しいブログでお会いしましょう。

Ns🐷

数ヶ月、出勤時、仕事帰り、電車に飛び乗り楽しみに読ませて頂きました💛作家さん💛イラストレータさん💛管理人さん💛ステキな、ひと時😌ありがとう🍀💕✨💖私の部屋には、同級生愛の記念品イラストが、今日も明るく頑張れと微笑んでいますよ🍀ありがとう🍀

愉快な面々のGチ

作者さん、傑作を本当にお疲れ様でした。
また、ありがとうこざいました!
新たなブログでの活躍も期待します。

現在コメントは受け付けておりません。