ウーマンラッシュアワーの5分間の漫才

テレビにはすっかり出なくなって3年ほどが過ぎたウーマンラッシュアワーの村本大輔ですが、1年に一度、5分間だけテレビに現れるフジテレビの THE MANZAIが今年も12月8日に放映されました。

世間から叩かれながらも、5分のTHE MANZAIの中に彼の言いたいことが凝縮されている強烈な漫才。彼の漫才は表現であり、怒りでもあり、メッセージでもありますね。

https://www.facebook.com/100004813263954/videos/1124503087720123/

ぜひ、投稿してくれとのリクエストによりアップしますね。 今年も原発、沖縄、朝鮮学校の話題をネタにしてくれました!安倍政権批判もネタにするプロ芸人の姿に感謝と拍手!

2 COMMENTS

匿名と言う名の匿名

コメディや喜劇は、権力を風刺して笑い飛ばす事が本来の姿です。(有名な所ではイギリスの「モンティパイソン」)ところが日本のお笑いは権力にベッタリで人を馬鹿にしたり、叩いたり蹴ったりして笑いを取ってます。そんな風潮の中で村本さんのそれは、社会風刺、権力風刺と本来のお笑いの姿を堅持してます。政権側に全てがなびいてる中でのこの姿勢!拍手を送りたい。

梅さん

ネタで世間を批判する力のない一般市民は、この手段に頼るしかないのかな?と思います。俺も現役教員時期には、先生たちの飲み会の司会を仰せつかることがありました。進行過程でチクリ!チクリと上司の批判を織り交ぜながら…。上司は顔が引きつり、ピクビク、若い先生たちにはオオウケ!出世にかけ離れた先生でしたから、好き勝手に言いたい事を言って過ごしました。俺には、一番大切な学生がいる!そいつらが俺を守ってくれるはず、、という自信だけで突っ走っていました。この彼らの気持ちやネタは、すこしは分かる気がします。

現在コメントは受け付けておりません。