ゆず「栄光の架橋」

2004年7月リリースのゆずの栄光の架橋、アテネオリンピックの公式テーマソングにもなりました。発売から約5年後の2009年には緑茶飲料のCMソングにもなりましたね、お聞きください。

「栄光の架橋」の作詞、作曲を手掛けた北川悠仁はこの曲について、こう語ってます。

オリンピックというテーマは僕にはあまりに大きすぎ…。オファーが来て2カ月ぐらいはプレッシャーで何も書けなかったんです。でもどうしてもあきらめられない。選手の気持ちは僕なんかに分かりっこないので、そこを全部取っ払っちゃいました。自分が歩いてきた道を書こうと思ったんです。生きていく中で負けること、悔しかったことはだれにでもある。主婦だって、サラリーマンだってそうじゃないですか。でもその中で「頑張ってきて良かった」という瞬間もあるはずですから。そういう気持ちでつくった歌ですね。

そういう応援歌、良いですね~。

2 COMMENTS

今日も仕事頑張りました

誰にも見せない泪があった、恐くて震えていた夜があった… と大人の男が歌っているのだけど、ちっとも女々しくないんですよね。むしろ、爽やかに感じるのです。人間だもん。弱いところがあって当たり前。弱いからこそ、自分にも人にも優しく、お互い助け合えたらいいなと思います。早速アップありがとうございます。🙇「頑張ってきて良かった」と思える瞬間をいっぱい持ちたいと思います。🎵

🎵

私の人生の好きな歌ベスト20に入ります笑笑 北川君好きじゃないけど、この歌は最高🎵

現在コメントは受け付けておりません。