久保田早紀 「異邦人」

「異邦人」は久保田早紀の楽曲。1979年10に発売されたデビュー・シングルのタイトル曲でCMにも使われましたね。

この曲は元々は中央線の車中から、国立駅近くの空き地で遊ぶ子供たちの姿を見て歌詞を思いついたそうです。それを当時のプロデューサーの提案でエスニック調のアレンジに変えられ、曲名も「異邦人」に変更になったとの事です。

「異邦人」はオリコンのシングル・チャート週間1位はもちろん、年間2位となるミリオンセラー超えの爆発的ヒットとなりました。

1 COMMENT

匿名

国立駅近くの空き地で遊ぶ子どもたちの姿を見て作った歌詞だとは知りませんでした(^.^;ちょうど子どもたちに囲まれていた青春時代に良く聴いた懐かしい曲です。

現在コメントは受け付けておりません。