Roberta Flack「やさしく歌って」

これも1973年全米で大ヒットした名曲ですね、お聴きください。

ロバータ・フラックの「やさしく歌って」。この曲の英語のタイトルは「Killing Me Softly with His Song」直訳すれば「彼の歌でやさしく殺して」ということになります。「歌で殺す」とはどういうことなのでしょう。

この歌はもともとロリ・リーバーマンというフォークシンガーが歌っていたものでした。ロリはあるミュージシャンのライブを聴いて、その歌詞が自分の心境とあまりにもぴったりだったため、大きな衝撃を受けました。そしてこの体験を作詞家と作曲家に頼んで歌にしてもらったそうです。

歌詞を見ると、『彼の指が私の痛みを奏でている。彼の言葉は私の人生を歌っている』と言っています。「キリング・ミー」を「私の心を奪う」と訳している人もいます。「キリング」は、歌に魅了される感覚を言い表しているのかもしれません。
     
ロバータ・フラックがこの曲と出会ったのは飛行機の中。ロリが歌うこの曲を聴き、自分で歌うためにすぐに楽譜を取り寄せたと言われています。

感動の連鎖から生まれたヒット曲。今日、この曲を紹介したことで、さらに感動の連鎖が起こるかもしれせんね。(檀れいのTBSラジオから抜粋しました)

9 COMMENTS

🎹👌

🎧🎼🎹🌞🌝very good.nice choice. It’s a very nice song.🎼🎧 I love this song. Thank you so much.、大好きな歌です感謝

ロバータ大好き。

コーヒーメーカーネスカフェでのCMで流れてた歌ですね。70年代後半。まさに私達が高校生の頃。この曲が流れると優しくなれたなー。
翻訳入れます。
https://youtu.be/R5o_i4bOE_A

感動の連鎖💌

心に染み入る歌声が、ちょっと疲れたときに聴くと元気が出るような気がします。意味もわからずに聴いていましたが、こんなに情熱的な内容だったんですね。また新しい発見に感動しています。彼女の一方的な思いを綴っていますが、果たして彼は彼女の思いを知っていたのでしょうか?気になるところです( ꈍᴗꈍ)

♪~(´ε` )

イーグルスのデスペラード♬
リクエストお願いします🎹

音痴

おれも歌声で彼女を殺してみたいです。

🎹

音痴さん、きっとできると思います(笑)
頑張って〜〜〜‼️‼️‼️🤣🤣🤣

幻の乙女

🎹情熱的な🎶歌詞なのに、乙女心💗癒された😢曲

そんな男のひとり言

自分もこの曲は、すごく好きです。自分が知ったのは、高2の時で1976年春頃でした。それまで自分は、洋画音楽以外は日本の歌謡曲(山口百恵とか)でしたから、とても刺激的でしたね。大変心を癒されました。当時カセットテープで何度も、何度も繰り返し聞いた事を覚えてます。今でもたまに聞き、あの頃を思い起こします。

卒業写真🎵

私も歌謡曲派でした。けどこの歌は好きで、一生懸命英語をなぞりこっそり歌ってました笑 今、翻訳を見て知りそうゆう意味だったのかと驚いてます。ユーミンの歌を聴いて、なんでユーミンは私の事を知っているんだろう?と感激した時の事を思い出しました。笑笑

現在コメントは受け付けておりません。