中村雅俊「恋人も濡れる街角」

作詞作曲をサザンの桑田佳祐が担当、横浜の馬車道をフィーチャーした少しエロティックできわどい内容の歌詞とムード歌謡的な曲が特徴でしたね。

のちに中村雅俊は「あの恋人-との出会いは、すごい俺にとって衝撃的でした。世の中の人の、中村雅俊を、歌い手として見る目が違いました。あれで自分がアーティストとしてちゃんと歌を歌っているやつなんだとアピールできた。それまでは役者の人が歌って、うまくいっているパターンだと。本当に感謝しています」と振り返ってます。

またレコーディングの仮歌を桑田さん本人が務めていたことを明かし「仮歌は実際、桑田くんがやってくれてあれを覚えたもんで、歌い方が桑田くんぽくなっちゃって」と笑っていたそうです。

3 COMMENTS

江ノ島見ながら息を引き取りたい私

ひゃっほーーーーーーーーーーい⤴️😊桑田天才❗

マサヒロ

もはや達人blogger管理人さん、脱帽です、感謝感謝!、不思議な恋わ〜

タツヤ

甘えついでに、初恋、村下孝蔵?、すみません

現在コメントは受け付けておりません。