宇崎竜童「身も心も」

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドが満を持して発表したアルバムが1977年の「身も心も」、お聞きください。

曲は演歌のような歌謡曲のような、でも根底はロックでありそのへんの混ざり具合がまさに凄いの一言。曲の盛り上がりも良いし、また詩も秀逸です。

“サイレンかすかに 遠くから響いて 夜のとばりの幕引き係”、“愛とは呼ばず あなたに 愛しい そう打明けよう”、“身も心も 一つに溶けて 今 俺の腕の中で 眠る人よ”…さすが阿木燿子です。

個人的にはこれも捨てがたいです。玉置浩二&宇崎竜童バージョン。

リクエストをくれたマ〇〇ロさんはどちらが好みでしょうか?甲乙付けがたく2曲アップしました。

2 COMMENTS

マ○ヒ○

ありがとう😊!管理人さん、やはりオリジナル宇崎が👍GOOD、背景のSCREENが素晴らしい!この歌で🥁ドラムを毎日叩いてました、👍

匿名

初めて聴いた曲です♬ブログのおかげで普段は聴かない新しいジャンルの曲に出合えてとても嬉しいです✨✨毎日夜7時が楽しみです(笑)この歌で毎日ドラムを叩いていたマ〇ヒ〇さん、カッコいい〜🎶🎶\(^o^)/🎶是非 同窓会で再現してくださいね(^^)

現在コメントは受け付けておりません。