英語部の写真集

英語部の写真をアップします。同級生の尽力でまたクラブの写真集の記事が一つ増えました。本当にありがとう。

アルバムをひっくり返して英語部の写真を探しましたが、やっと1枚探しました。小田急線の厚木駅あたりで降りた記憶があります。

写真の裏には”1977年10月 英語部 野遊び 中津川”と書いてありました。

そう言えばこの中津川の野遊びの時、駅からバスに乗る際に時間が余ったので、キン・サンムンがパチンコ店に入ってパチンコを打ち始めました。すぐに負けて店から出てくるかと思っていたら結構玉が出てしまって、バスの時間に間に合わないのでお菓子と交換したことなどを思い出しました。

この写真は27期生の卒業式の日にLL教室の前で撮ったものです。よって、私達は高2の時の写真です。

8 COMMENTS

運動部

good👍 部活仲間と行く小旅行は楽しいですよね💕 ○ムンの英語好きもパチンコ好きも知らなかったな笑 LL教室に入れる特権も英語部だけでしたよね。部活写真が又ひとつ増えて良かったです。

匿名と言う名の匿名

すみません。今まで「英語部」の存在自体知りませんでした。💦男子は同級生が多いな。グッカン先生が顧問だったのですね。(これも初耳)楽しそうな雰囲気が出てます。最後に…英語部、べっぴんさん多いですね❤️ 俺も入れば良かった…(^^)

落第生

LL教室!1回しか入ったことなかったよな~、いつも鍵が閉まってたよな、、、何か秘密の花園的な秀才が集まっている、そんな雰囲気を醸し出してた。でもLL教室って何の意味?

人類学者

若くして亡くなった同級生の李さんが写っています。彼女の訃報を聞いて、ご両親に電話したのを覚えています。彼女の両親は二人とも高学歴で、優秀な一人娘をとても若く亡くしたことで、深く悲しんでいらっしゃいました。ご冥福を祈ります。

李さんの幼馴染み

私も同期生の李さんの事を思うと胸が痛みます。英語部に所属してたのをこの写真で知りました。中学の時、ビートルズの歌をすでに上手に歌っていた彼女。こよなく英語を愛していたのだと感じました。ご冥福を祈ります。

旧部員

李トンムが亡くなったのをここで知りました。大変淋しい。彼女は高3の時、部室(LL教室=ランゲージ・ラボラトリー(Language Laboratory)語学研究室)で後輩に「ビートルズの歌は文法的にもきちんとしているので覚えると良い。私はビートルズの歌を覚えて英語の力が伸びた。」旨のことをアドヴァイスしていました。本当にビートルズが好きだったのですね。ご冥福をお祈りします。

“The long and winding road”
https://www.youtube.com/watch?v=fR4HjTH_fTM

旧部員

歌舞伎町で飲み逃げした記憶が蘇った(笑)。
卒業後、英語部の会合が新宿であった。1次会が終わり28期の男5人で2次会に向かったが、場所を決めていない。そこで、用事が有って先に帰宅するというサンムンが、サンムンの知人が働いている歌舞伎町の店に連絡を入れ、そこに向かうこととなった。確か、地下1階の「カルチェ・ラタン」なる店だったと思う。3人掛けのソファーがテーブルを挟んで向かい合わせに置かれ、その周りが低い壁で仕切られた落ち着いた雰囲気の店だった。散々飲んで話して帰ることとなったが、終電過ぎまで飲んでいたせいか、店には客がほとんどいなかった。4人でレジに向かうと店員まで居ない。「済みませーん!」。反応がない。「済みませーん!」。反応がない。その時、何故かしら4人の視線が一瞬にして合った。誰とも言わずに猛ダッシュで店を出て階段を駆け上がり歌舞伎町を出て追っ手は来ないだろうと思われる郊外でやっと歩きに転じた。4人とも息をゼーゼーさせながら大笑いした。酒の力のせいか何とも爽快な気分だった。
その後、当初の打ち合わせ通り徒歩圏にあるサンムンの家に向かい、一泊の恩義に預かった。もちろん、サンムンに紹介して貰った店での無銭飲食をサンムンに告げる者はいなかった。・・・・・・。翌早朝に帰宅し家で寝ているとオモニから「サンムンさんから電話だよ」と告げられ電話口に出た。「おい、お前ら何やってんだよ。昨日の店から俺に電話が来てカンカンに怒っていてたぞ。俺が紹介したのに勘弁してくれよー」、「あっ、わりぃわりぃ、皆で後で精算するからサンムンが行って謝って精算しておいてくれない。」、「ふざけんなよ、俺は関係ないからな。このことを伝えるだけだからな。後はお前らで解決しろよ。店の電話番号教えるからメモっといて・・・」と電話は終わった。
その後、関わった4人に連絡し、どうしても用事で行けない一人を除いた3人でその日の夕方に当該の店に謝罪と精算に出かけた。
店のレジで「済みませんーん。昨日の夜、料金を払わずに帰ってしまった者ですが、謝罪と精算しに来ました。」とレジで告げると奥から落ち着いたママが出てきて(良かったー)金額を告げられて精算し謝罪するだけで無事に解放された。ぼったくりも全くなかった。その時のママはニコリともしなかったが、かといってこちらに威圧感や不快感を感じさせるのでもない対応が見事だった。修羅場を潜った大人の雰囲気を感じさせられた。
その後、友人と飲みに行った際にこの話をたまに話したのだが、聞かされた者の視線が心なしか私の両手の小指に一瞬注がれたと感じたのは、私の気のせいだろう。

第7

最高の青春物語ですね。笑 指があって良かったね✌️
サンムン、色々逸話が出てきて面白い。話した事ないけど、同じ出身です。同窓会ではじめてしゃべりたい💕🤣

現在コメントは受け付けておりません。