3年12班の愉快な面々 13

どれくらい頭を預けていたのだろう…
一時の興奮から徐々に冷めて冷静さを取り戻したス◯。Sスの暖かい胸は心地よかったが、いつまでもそのままでいる訳にも行かず、顔をあげようとしたが、泣いて腫れ上がった顔をあげるにはちょっと恥ずかしかった。

一方のSス、とっさにス◯の頭を抱きしめたのはいいが、どうしたらいいのか分からなかった。(ヤバイ、心臓の音が聞こえるんじゃないか?)Sスの鼓動は高鳴っていた。

しばらくして、落ち着きを取り戻したス◯の肩をゆっくりとを起こして、Sスは顔を覗き込んだ。「大丈夫?落ち着いた?」と優しく聞くとス◯ははにかみながら頷いた。

「ゴメンね、取り乱しちゃって…Sスの顔見たら急に涙が出ちゃった。なぜか解らないけど…」とSスの瞳をジッと見ながら言った。

その視線が眩しくSスは焦った。
「な、なんで俺の顔見て泣くんだよ。心臓止まるかと思ったよ。」と早口で答えるとス◯は笑いながら「心臓の音がすごかったよ 💗」と微笑みながら言った。(私の為に胸が高鳴ったんだ…)何とも言えぬ嬉しさが込み上げた。

「バ、バカな事言うなよ…し、心臓の音が聞こえる訳ないだろ?」と必死で否定するSスを見て、普段は冷静なSスが慌てる姿が可笑しくて声をあげて笑った。

その姿を見てSスは安心した。大きく息を吸い込んで、心を落ち着けて「そんなに笑う事ないだろ?…もう落ち着いた?」と安堵の言葉をかけた後、気になっていた話をはじめた。

「でも、やっぱりおかしいなと思ったんだ。」「何が?」「いや、修学旅行がさ。毎年秋に行くのに今年は6月だったろう?」「うん…それが何か?」「うん、それと今日の発表と関係あるんじゃないかな?」「どう言う事?」「つまりさ、修学旅行を秋にすると学生服でまた荒れるだろ?だから学校としては夏服の時に行きたい訳よ。だけど、9月は全体大会がある。となると、もう開襟シャツの時期は6月しかないからね。」
「それで早まったんだ…」

「大人の事情って事かな?でも芸術クラブが犠牲になるのとは別問題だよな。芸術クラブが可哀想だよ…でもさ、理不尽さは感じるけど決まった以上は頑張らないとな。」
「うん…ありがとう。」ス◯は素直に頷いた。

その時だった。
「あれれれ?仲良いね〜、君たちどこの学校?」とバカにした様な話し方で大声で話しかけて来る一団がいた。「お〜、サンペンじゃん、朝高、渋いね〜」「ん〜?こっちはチョゴリか?女の朝高生〜ハハハ」

ス◯の顔が一瞬で凍りついた。
「こ、国◯舘…?」
学生服にボタンは無く、黒いジャバラが目に付いた。Sスは「何だお前ら!」と叫びス◯と一団の間に立ちはだかった。
そして우리말で「ス◯!今、電車が入って来たから、すぐ電車に乗るんだぞ!俺の心配はするな!大丈夫だから。」と話した。

「あ〜ん、何をくっちゃべってんだ?コラ!」と大声をあげてジャバラが近づいて来た。
電車のドアが開いた。
乗降客でごった返す。

スタートのベルが鳴る。
ジリリリリ…

「ス◯!今だ、早く!」とス◯の腕を掴んで電車に乗せた。そして扉の前に立ち「オイ!シカンボウ!やるならやってやるぞ、コラ!」と扉の前で両手を広げながら啖呵を切った。

(早く閉まれ、早く、早く…)Sスの頭にはス◯を無事に帰す事しかなかった。そして(5人か…ちょっとヤバイかな?)と他人事の様に思った。

ス◯は「Sス、乗って乗って!早く乗って!」と叫ぶがSスは乗って来ない。
プシュー!

電車のドアが閉まった。
「Sスー!」
悲痛なス◯の叫び声が車内に響いた。

ス◯は次の目白駅で降りて反対ホームの上野方面の電車に飛び乗った。
普段は何とも思わない乗り馴れた駅間が今日に限って遅く感じる。(早く着いて、早く、早く…)

ス◯は池袋駅に着いた電車から、飛び降りる様にして反対側のホームに走る。
(Sス、Sス、どうか無事でいて!)

ホームには人だかりが出来ていた。
その中心にSスが顔から血を流して倒れている。誰が呼んだのか遠くでサイレンの音が聞こえる。

ス◯は泣きながら走り寄るとSスを抱き上げて「Sス!しっかり!大丈夫?Sス!Sス!」と必死に声をかけた。救急隊員が担架を担いで走って来る。

6 COMMENTS

匿名

わーっ💦そうきたか❗悲しいな~ Sスの無事を祈るしかないな~😢 暴力反対。ス○、救急車に乗って支えてあげてね💕😂

あの時泣いた

本当にそんな大人の事情があったのでしょうか?修学旅行の6月は清々しくて良かったけど、夏の大会が中止になったのは納得がいかなかったですよね😢 その悔しさもひとつの青春かな?

月火水木金土

面々の胸キュンと、怖い話のぞ~っと感が交互に楽しめるんだね💕😂日曜日、どーしてくれんの❗❔❗😂😂

シン

高1時の時、とある島(神津?)で地元の奴が近よって来て、向こうに士○坊が4〜5人居ると言うもんだから、行ってみた、俺朝高の1年だけど一人でやってやるから全員でかかって来いって言ったら皆んな黙ってうつ向いて動きもせず黙ったまま後ろ向いてたよな、スナン、覚えてるでしょう。因みにもう遠〜い昔の夏休みの話ですが。

ケンカはやめて🎵

優しくてケンカ嫌いな人もいるんですね。それで良い❣️せっかくの夏休み、怪我しなくて良かったよ😢⤴️

シン

まあ〜当時は喧嘩のことしか選択肢はなかったよ。管理人さん上手な修正ありがとう、私は何時も暴走気味なので申し訳ないです。

現在コメントは受け付けておりません。